m121005_00.jpg
アットホームでお洒落なお部屋で
はじめてのワクワク手作り石けん作り♪
こんにちは~。ワークショップ担当、お松です♪
みなさん、普段どんな洗顔料、ボディーソープを使ってますか?
お肌の曲がり角に差し掛かったお松は無添加のオーガニックスキンケア用品にひそかに興味津々なんす(゚.゚*)
でもね、市販のオーガニック製品とかってなんだか無駄に高いし、結局何がいいのか正直よく分からないのが現状。。
だからね、結局薬局で売っている安いトイレタリーで済ませてしまうズボラ女子なのです。
「いつまでも、あると思うな、卵肌....(お松、心の俳句)」
そーなんです!なんだかんだでやっぱりクリエイティブ業界って不摂生なんですよ。夜遅いし、徹夜もあるしね(-v-;)
まぁ、デザイナーなので自分の顔写真をレタッチする能力は持ち合わせているのですが、やはり素肌が美しいのが一番。
「あきらめないで・・・!(by 真矢みきさん
一応私も女の子なもんで、やっぱりスキンケアはしっかりしたいっ!もう少し自分の身体を気遣ってあげたいなんて思うもんなんです。
どうせなら手作り石けんとか作ってみたいなぁ~なんて、ぼんやり考えていたところどんぴしゃなワークショップのお知らせがすーさんよりあったのです!
すー:「友達の先輩が手作り石けん教室やってるから今度行こうよ~。」
お松:「もちろん!超いきたーい♪」
そんなもんで行ってきました!以前から興味があった手作り石けんのワークショップ!
手作り石けん教室の先生はすーのお友達の紹介で、横浜のご自宅で行うとってもアットホームなワークショップ。
今回はすーさん、すーさんのお友達(美穂ちゃん)、ケイナ編集長、私の計4人でお伺いしてきました~♪
お昼過ぎに田園都市線藤ヶ丘駅に集合~。そこからバスに揺られること15分。
どこかオフホワイトの外壁がどこかレトロな雰囲気を醸し出すマンションの一室が今回のワークショップ場所。
まず、おうちに着いてメンバー一同驚愕・・・・
m121005_02.jpg
ハ、ハイセンス・・・・・・・・!!!!!!!
わたし、鼻血が出そうになりました。そうなんです、ものすごーーーーーいお洒落なお部屋だったのー!
もともとインテリアショップで働いていたということで、物凄く洗練された空間がそこにはありました。
箱庭メンバー:「わー!きゃー!!まさに理想!!!こんな家に住んでみたーーーい!!!!」
着いて早々、不躾ながら撮影会状態になってましたwでも、快く受け入れてくれる心優しい今回の先生、tonericohaこと野口幸子さん。
ちなみに幸子先生のお家はMetro Min. No.118 「Good Day Product」特集でも掲載されているんですよ~。
m121005_03.jpg
お部屋のところどころに石けんが飾ってあって、まるでインテリアの一部のようでした。
m121005_04.jpg
さてさて(笑)、落ち着いたところでさっそくワークショップ開始!右端の黄色いTシャツを着ている方が今回石けん作りを教えてくださった幸子先生。
初めての石けん作りなのでメンバーみんなで興味津々♪分からないことも丁寧に教えてくれるやさしい先生だからとっても安心。
始める前にレジュメを元に石けん作りの流れを簡単に説明してもらいます。
m121005_05.jpg
今回は米ぬかと竹炭を加えた石けん作り。
お伺いしたのが夏場だったので米ぬかオイルがベースの夏向けのさっぱり&しっとり系のナチュラル石けん。
オプションとして、余分な皮脂や、毛穴の汚れを除去してくれる竹炭と、やさしいスクラブとしてお勧めな米ぬか(無農薬米ぬか)を加えるお肌に優しい最強タッグ。
どちらも昔から日本人が美容に用いてきたもののようで、昔の人の知恵を拝借した幸子さんオリジナルアイデア石けん。
m121005_06.jpg
使用するオイルはオリーブオイルから米ぬかオイル、ひまし油などなど全5種類。
用途によってオイルの種類を変えるそうなのでキッチンには色んな種類のオイルがずらーり。
m121005_07.jpg
ではでは早速ワークショップ開始!まずは香り付けのアロマオイル選びから。
普段からオフィスでアロマディフューザーで爽やかな香りを楽しんでいる私たちとしては楽しいアロマ選びでした~♪
「最近ラベンダーの香りはまってるんですよ~」、「やっぱり森の香りのベースにしたからユーカリがいいかな~」、「さっぱりシトラス系のレモングラスかな~」などおのおの香りに関する事を語りながらいくつか好きな香りを調合。
m121005_08.jpg
色々悩んだ結果、鼻炎持ちの私はラベンダー、ユーカリ、ティートゥリーの3種類をチョイス。ユーカリは鼻炎にいいのです。
さっぱり系ということで今回は全員はっか油ベース。先生にも「いい組み合わせだね」って言ってもらえてルンルン♪
m121005_09.jpg
次は苛性ソーダを精製水で溶かす作業。苛性ソーダは劇薬のため取り扱い注意の薬品なので持参したマスクとゴム手袋を着用しての作業。
苛性ソーダを精製水で溶かすと一気に温度が上がるので温度計で温度調節します。まるで理科の実験状態w
m121005_10.jpg
次にオイル調合作業。レジュメに沿って指定量を測りながら各オイルを調合。編集長、超真剣w
m121005_11.jpg
そしてそのオイルを湯せんして温度を40度に。同じく苛性ソーダ水も40度に冷ます為、氷容器に入れて冷まします。
m121005_12.jpg
こうして写真で見ると本当に理科の実験みたい。でもね、世界に一つだけの自分のオリジナル石けんを作るミッションを遂行する為、このときばかりは全員必死です(笑)
m121005_13.jpg
調合したオイルと苛性ソーダ水が40度前後になったら二つを合わせて、色が白っぽくなるまで泡だて器で混ぜます。このタイミングで最初に選んだアロマオイルも投入。
苛性ソーダのアルカリ液とオイルを混ぜることで鹼化反応がおきます。いよいよ石けんになるー!
混ぜが足りないと分離してしまうこともあるのでとにかく必死に混ぜる!理科の実験から急に調理実習気分♪
m121005_14.jpg
そして持参した牛乳パック容器を正方形に型作り。
理科→家庭科→図工など小学校の授業のようなどこか懐かしい作業が続く。
「こうゆうの作るの好きだったなぁ~」っとついついノスタルジーに浸る~(‘-‘*)
m121005_15.jpg
液が白っぽくなったら米ぬか用と竹炭用に2つに分ける。竹炭の量を調節することで漆黒になったり杢グレーっぽくなるらしい。
また、今回2種類色の違う液を使用するので自分の好きなデザインをイメージしながらパック容器に流し込んでようやく・・・
m121005_16.jpg
手作り石けんの完成~!
私は波模様を作りたくて微妙に量を調節したり、最後にヘラをランダムに差し込んでみたりしたよ♪
一同:「やっとできたー☆まだ液状だけどいつから石けんとして使えるのかなぁ~?」
先生:「実は、石けんが使えるようになるのは1ヶ月後なんだよね~。」
えーーー!一ヶ月も・・・・ヾ( ̄0 ̄;ノ!?
先生:「型から出せるぐらいに中身が固まってきたら(1日~1週間くらい)、カッターなどで型を切り開き、取り出してね。」
実はこの石けん教室、型出し→カット→熟成までは自宅作業なのです。
でも石けんになる様を自宅で楽しめるのはとってもうれしい。私は植物を育てるようにひたすら毎日愛でてました。
カットした石けんから良い香りがして、待ち時間も楽しめたしねっ♪
ちなみに今回のワークショップの様子はtonericohaのブログでも紹介されていまーす!
そしてワークショップから早一ヶ月。
おのおの型出し→カット→熟成の工程を経てようやく石けんが完成しました☆
さて、箱庭メンバーが作った石けんはどんな模様に仕上がったかな~?
m121005_17.jpg

haconiwa-matsu_normal.png

お松作
「自分が作りたかった波模様!カットして見たとき感動しました!まさかこんなアーティスティックな柄になると思わなかったので感動は一塩。
参加する前は自分でも作れたりするようになるのかなぁっと思ったけど、実際参加していろんな材料や工程を眺めると、またここに作りにこよーっと素直に感じました♪
まるで学生時代に戻ったかのような懐かしい作業の数々。とっても素敵なワークショップで女子レベルがアップした気がしました(笑)また遊びにお伺いしまーす!」
m121005_18.jpg

haconiwa-su_normal.png

すーさん作
「初めての手作り石けん、昔の理科の実験を思い出すようでとても楽しかったです!自分の好きな香りを付けたり、模様を考えたり。。
1ヵ月寝かせてカットするときのわくわく感はたまりません♪そして先生のお宅。あの空間での石けん作りはほかでは味わえません!笑
また遊びにいきたいです!」
m121005_01.jpg

haconiwa-member-keina_normal.png

ケイナさん作
「私が選んだアロマオイルはラベンダーファイン、ローズゼラニウム、はっか油の3種類。ラベンダー多めの配合で好みの香りになりました!石けんは毎日使える身近なモノですが、実験みたいな繊細な工程もあり、作り終えた時に達成感あり!1ヶ月経ちカットした時は、また達成感あり!毎日石けんを使う時に作ったことを思い出せて楽しいです。顔と体に使うと全身スベスベに。石けんを使い終わったらまたワークショップに参加したいです!」
今後も手作り石けんワークショップの予定があるようですよ~♪
次回はアボカドオイルの石けんとのこと。これまた肌によさそう!
興味のある方は是非参加してみてね~。
『アボカドオイルの石けん教室』
m121005_20.jpg
■日程 
10月21日(日)14:00~17:00
10月23日(火)10:00~13:00
10月31日(水)14:00~17:00
11月3日(土)14:00~17:00
11月4日(日)14:00~17:00
*午前中、その他日程をご希望の方はご相談下さい。
*上記日程でご都合が悪い方も、日程のご相談承ります。
■定員
1~4名
■費用
3,500円(材料費込み、お茶とお菓子付き)
*レッスン時にお支払い下さい。
     
■持ち物
1L牛乳パック1本(切り開かず中を洗って乾かしたもの)
前掛け付きのエプロン
眼鏡またはゴーグル
キッチン用ゴム手袋
マスク
保温用のバスタオル
お持ち帰り用の紙袋(牛乳パックが横にして入るサイズ)
■服装
万が一強アルカリ性の液体がはねると、大切なお洋服が変色してしまうことがあります。
汚れても良い格好をお勧めします。
■場所
tonericoha自宅にて
横浜市青葉区(田園都市線 藤が丘駅より徒歩15分)
*お申し込み後に詳しい住所をご連絡いたします。
◇◇お申し込み方法◆◆
・ご希望日
・お名前(ふりがなも)
・ご住所
・お電話番号(携帯など当日連絡のとれる番号)
・年齢
・メールアドレス
・石けん作りの経験
以上をご記入いただき、tonericoha@gmail.comまでメールをお願いします。
                 
*苛性ソーダという劇薬を使用するため、お子様の同伴はできません。
 申し訳ございませんが、ご了承下さい。
では、みなさまにお会いできることを楽しみにしております。 by幸子さんより♪
m121005_19.jpg
素敵な空間での楽しい楽しいモノづくり、本当に有意義な時間でした。
石けん教室のあとはみんなでゆっくり茶菓子食べながらいろーんな話をしましたよ。
楽しい時間って時が経つのがあっというまですね!今回心底感じました。
ちなみに今回出来上がった石けんは自分で使うのはもちろん、ひとつひとつラッピングして家族に渡したり、
友人のお誕生日や出産祝いなどに同封してプレゼントなどに使おうかな~っと思います♪
ちなみに11月ごろからは冬の石けんとして、ココアバターやチョコレートを使用した石けんのワークショップを企画中とのこと。
詳細が決まり次第随時ブログに情報が更新されるので是非チェックしてみてね♪