m130119_01.jpg

日本を代表するグラフィックデザイナー、仲條正義による
約400点の蔵出しポスターを展示する『仲條の前半分』展
以前みーちゃんが箱庭の記事でも取り上げた仲條正義氏。
半年前資生堂ギャラリーで開催された「仲條正義展 – 忘れちゃってEASY思い出してCRAZY –」は実際足を運んで鑑賞しましたが、仲條さんらしい鮮やかな色彩とインパクトのある個展でした。
あのときの個展の作品たちはいまだに私の脳裏に焼きついています。
1966年から2011年まで約40年間にわたり、『花椿』のアートディレクションを従事し、80歳を迎える今もなお多岐に渡り勢力的にデザインを生み出し続ける、仲條正義氏。
そんな日本を代表するグラフィックデザイナー仲條正義氏の個展「仲條の前半分」が、1月11日から27日まで東京・勝どきの@btfで開催中なのです。
2012年夏に資生堂ギャラリーで開催された個展「忘れちゃってEASY思い出してCRAZY」以来、約半年振りとなる本展は、これまで仲條デザイン事務所にながらく保管されていたという1973年から現在までの約380点のポスターと、約40年間分の『花椿』の誌面が展示されるというとても貴重な蔵出し展覧会。
「グラフィックデザインは、まだニュートンの時代。グラフィックデザイン界のアインシュタインはまだ現れていない。新しいのが現れる気配はない。現れるまでは死ねない。」と、つぶやく仲條氏の、”前半分(まえはんぶん)”を楽しめる展示内容になっているそうです。
m130119_02.jpg
m130119_03.jpg
仲條さんは同展について「未熟と若気の至り、その他、駄作など、ギャラリーには失礼だけれど、広い会場でINとOUT二つに分けて一方を晴海のゴミにするつもり。自分を振り返るのもつらいのに人様に見せるのもどうかと思うのですが、『仲條の前半分』笑ってやってください」 とのコメントを寄せているそうで。
晴海のゴミにするですとー!コメントからも仲條ワールド炸裂ですね~(笑)
でも、ゴミに捨てたい感覚分かります(笑)私もデザイナーになりたての頃の作品とか絶対に見れない。
というよりも、見るのがこわいですw目にあまるといいますか・・・。
でも仲條さんのは絶対ゴミなんかないので、そんなこと本当にしたら東京湾潜ってお宝を探しますよ、わたしゃー。
最も攻撃的なグラフィックデザイナーの前半分(まえはんぶん)は、ぜったい見逃せないですね!
13日間限定の、この貴重な機会をぜひお見逃しなく~☆
仲條正義個展
『仲條の前半分』
2013年1月11日(金)~1月27日(日)
会場:東京都 勝どき @btf 3A/3B 4A/4B
住所:東京都中央区勝どき2-8-19 近富ビル倉庫
時間:11:00~19:00
休館日:月、火曜、祝日
料金:無料


大きな地図で見る

■参照元
■関連サイト