school_3b_00.jpg
おうちで旅する、かわいい梅酒。
ほろ酔い気分で過ごす雨の日のすすめ
こんにちは!
箱庭編集部です。

今日は、前回大好評だったスペシャル記事をご紹介しちゃいます。先日開催された「箱庭のガッコウ」第三期のワークショップで、A~Dのチーム毎に記事を作ってもらったのですが...どのチームもの記事もすごく読み応えがあって、オリジナリティがぎゅっと詰まってて、本当に素晴らしかったです! その中でもみんなから一番人気の高かったBチームの記事を、今回ご紹介したいと思います♪(Bチームの皆さん、優勝おめでとうございます!!) 

それでは、どうぞ!

———————-

梅雨に入る6月から7月は、梅の収穫時。
紀州の梅が有名ですが、実は、梅酒って全国各地で作られているんです。そしてちょこっと海外でも!
梅雨どきの雨の日こそ、
『おうち×梅酒×旅』
メンバーそれぞれが「これから行ってみたい旅先への思い」を馳せながら、その土地で作られている梅酒を厳選!
そして、実際に飲んでみました。
その1: シャキッとさわやか♪  【大信州 みぞれりんごの梅酒】
school_3b_01.jpg
レジャーにお出かけするなら、海より山派。
緑がいっぱいの自然の中でマイナスイオンにつつまれたい・・・と想像していたら、
むかし家族旅行で行った長野が思い浮かんできました。
でも、松本城とか善光寺とか行ったことないなーということで、この場所をチョイス!
梅酒にみぞれタイプのリンゴジュースが入ってるので氷をたくさん入れてストレートで!
シャリシャリしたすりおろしのりんごの食感が楽しい~♪
友達と分け合って飲むのもいいけど、家族みんなで飲みながら旅行の計画を立てるのもいいなぁとしみじみ思いました。

school_3b_02.jpg

★ラベルは長野県気鋭の女流作家さん作!
力強いのに華やかで思わず目をひかれたラベルデザインを手がけたのは長野県出身の越ちひろさん。
ほかの作品も色遣いがとってもきれい。
ぜひライブペインティングを生で見てみたい!
越ちひろさん HP
【ここで買いました♪】
お出かけするなら、海より山派!のあなたに。
商品名:【大信州 みぞれりんごの梅酒】
1800ml 2940円(税込)
★美好屋酒店 楽天市場店
全国の日本酒が揃うお店です。ご対応が迅速でとっても満足♪
その2: とろりまったり、和歌山へ  【鶴梅~完熟にごり~ 】
school_3b_03.jpg
全国、そして世界中で作られている梅酒。 にも関わらず、あえて私は 王道の和歌山の梅酒をチョイス(笑)。
なぜかというと・・・世界遺産の熊野古道! 一度は訪れてみたい場所なのです。
和歌山の梅酒を飲みながら、思いを馳せようかと早速注文♪
まあ!なんて濃厚とろり。甘くてとっても飲みやすい。どきどき甘い気持ちになるのは酔いだけではないはず。
中学の同級生で集まって、「あの時 誰が好きだった?」などと言いながら飲みたい梅酒です。
そして、お味はもちろん、ラベルも何やらとってもラブリー♪ 鶴という幸を届けるデザインから、贈り物としても多く選ばれるそうです。  
ああ、熊野古道に思いを馳せるつもりが、中学時代の甘酸っぱい回想の旅になってしまいました。
それもまた旅(笑)。

school_3b_04.jpg★ふわふわのかわいいラベルに注目。

お気に入りポイントはなんといってもこのラベル!
鶴の可愛さもさることながら、ふわふわなんです。 
触っているだけでちょっと心がゆるんでしまう。
癒されるラベルなんて、今まで出会ったことがありませんっ。
思わずなでなでしちゃいます。
【ここで買いました♪】
とろーり甘い思春期にタイムトリップ!
商品名: 【鶴梅~完熟にごり~ 】 
720ml 1470円(税込)
数百種類の商品が勢ぞろい!
注文してから3日で届けてくれました!
その3: 高知へ旅する〜四万十伏流水仕込みの辛口梅酒〜  【酒蔵の梅酒】
school_3b_05.jpg
今年の夏は、大自然の王国、四国高知に行きたい!と企む私が選んだのは、
高知の梅酒【西岡酒造 久礼 酒蔵の梅酒リキュール】。
なになに...「四万十川流域で収穫された梅を、四万十川伏流水仕込みの日本酒に漬け込んだ
辛口梅酒...」とのこと。
蓋を開けると日本酒の香り...、今夏のプランを練りつつ、ロックでいただきま~す。
四国には、アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2013」、野の花の魅力あふれ、建築も素敵な「高知県立牧野植物園」など、訪れたいところはたくさん。
もちろん、ゆる〜い瀬戸内暮らしの島の空気も味わいたい~。

school_3b_06.jpg

★見た目かわいい、中身は辛口。
辛口梅酒なのに、ラベルはレトロでカワイイところが素敵♪
かわいいのに酒豪な先輩と旅先で
ガールズトークのお供に飲みたいな。
酒豪な先輩はロックで、私は水割で。
日本酒が苦手な方や、甘いのが苦手な方でも飲みやすいスッキリした一品でした。
【ここで買いました♪】
さわやかな四万十川へほろ酔いトリップ♪
商品名: 【西岡酒造 久礼 酒蔵の梅酒リキュール】
500ml 1200円(税込)
西寅
高知の地酒専門店です。お酒好きな方への贈り物もいいかもしれません。
その4:日本のヴェネツィアが生んだ贅沢な逸品【福岡 吟の梅】
school_3b_07.jpg
圧倒的に芋焼酎が有名な中、ここでもまさかの梅酒を発見。
醸造している目野酒造さんのある福岡県柳川市は、街全体に「堀」が巡る水郷のまち。 日本のヴェネツィア!?って感じですね。
また、詩人、北原白秋生誕の地としても有名な場所なんですよ!
そんなわけで、この地ならではのおいしいお水、美しい自然に育まれた本物の酒造りを貫いているのだそうで、丁寧に作られただけに、しっとりとした飲み心地、ゴールドな色味にもなんだかうっとり。
甘さも控えめなので、これはズバリ、オンザロックで飲むのが一番! 洋風のおつまみにも良く合う!

school_3b_08.jpg

★あたたかみのある紙筒でほっこり
箱を開けると、またまた箱。 お酒のパッケージでは珍しい、円柱状の紙筒。なんだかあたたかみがあって、ほっこりしました。
ラベルのやわらかなデザインにもぴったりで、女子心をくすぐられました~。
【ここで買いました♪】
日本のヴェネツィア!で作られた輝きの梅酒。
商品名:大吟醸仕込み 吟の梅
720ml  1,890円(税込)
本当は3日ほどかかるらしいのですが、
なんと注文から翌日に発送して下さいました。
迅速なご対応に感謝。
その5:え?梅酒って日本だけじゃないの?~  【フランス PRUCIA】
school_3b_09.jpg
そうです。すっかり「梅」自体が日本の食物だと思い込んでいましたが、
実はフランスでも「プラム」として育てられているんだとか。
フランスといえば町並みや住人に憧れて、学生時代に初めて一人旅した思い出の地。 なにかご縁を感じて、これを選んでみました。(あとはラベルのジャケ買い)
ブランデー樽に貯蔵したことで、とにかく香りが芳醇。
オンザロックなら、香りを楽しみながら大人な気分で飲めました~。
が、こちらの飲み方で本当のオススメは、ペリエ割りとシャンパン割り。
梅雨のじめっとした空気を忘れるさわやかさですよ〜! ちょっと華やかな気分の梅酒のシャンパン割りで乾杯!!

school_3b_10.jpg

★フランスの穏やかで豊かな自然を表現したデザイン
部屋に置いてるだけでも可愛いな〜と
ときめいた、ガーリーなプリントのボトル。
プラムが育ったフランスの豊かな自然を表現しているんだとか。
【ここで買いました♪】
フランスの梅酒がおうちで楽しめる!
商品名:【PLUM LIQUEUR DE FRANCE PRUCIA】
(プラムリキュール ド フランス プルシア)
700ml 2,257円(税込)
ラッピングサービスもしてくれるので、
手みやげのお取り寄せにも!
いかがでしたか? 
最近の梅酒は味はもちろん、瓶やラベルもかわいくて
並べて眺めているだけでもとっても楽しい気分になります。 雨でお家にこもりがちなこの季節も、かわいい梅酒と一緒ならもっと楽しい気分になるはず!
ぜひ、お気に入りの梅酒を探してみてくださいねっ。
school_3b_11.jpg

■キュレーター(箱庭のガッコウ)

Eri Ishii
Keiko Inagaki
Mika Uenaka
Noriko Watanabe