20140602_1.jpg
花×スイーツ!
エディブルフラワースイーツが可愛くてたまらない。
はろ。箱庭キュレーターのミユです。
少し前までヒマワリが街中を彩っていましたが、今度はコスモスの季節になりましたね。
んーー、花って見ているだけで幸せな気分♪

なんて、お散歩途中に花を愛でる生活を楽しんでいましたが・・・
海外ブログやInstagramで最近、可憐な花スイーツが目に留まるんですよね~!

どうやらこれ、エディブルフラワーという食用の花をつかったスイーツなんだそう。
花×スイーツだなんて・・・可愛いもの同士のコンビネーションで完全ノックアウトですよね!
そんな乙女心くすぐるスイーツたちをご紹介します。


1. いろんなお花のカラフルケーキ
花びらをぺたぺた貼付けたカラフルなケーキ。
大小の花&花びらを、模様のようにバランスよく並べるアイディアがGOOD。
色のバランスを見ながら貼付ける作業、楽しそう!
20140602_4.jpg


ちなみにこのケーキ、水彩画のようなテキスタイルを使用したワンピースからインスピレーションを受けて作ったそう。
確かにそっくり!楽しいアイデアですね。
20140602_10.jpg


2. ビオラのケーキ&エンドウ豆の花のカップケーキ。
海外ウェディングの写真でよく見かけるロマンチックなこのタイプ。
シンプルな白ベースのケーキに、こぼれ落ちるようなビオラたち。
ウェディングを控えていたら、絶対にこれにするのにな~。
ケーキの中は、ラベンダー&カシスのムースにしてもらおう~(妄想)
20140602_5.jpg


3. パンジーのクレープ 
トッピングに使うのではなく、クレープに入れて焼いてしまうという発想がすごい!
火を通しても花の色は鮮やかなまま残るんですね~。
朝食に食べたら、女子力があがって一日をキュートな気分で過ごせそう。
パンジーはミントのような風味だって。
20140602_3.jpg


4. バラのゼリー 
まるでアンティークジュエリーのような、エレガントなゼリー。
淡い色のバラが透明なゼリーに閉じ込められていて、スプーンを入れるのがためらわれるほど。
20140602_2.jpg


5. デイジーのペロペロキャンディ
透明なキャンディの中の小さなデイジーがとってもキュート!
カモミールで代用したり、ラベンダーやスミレのような小さな花を使っても可愛い。
たくさん作って、プレゼントにするのもいいかも。
20140602_6.jpg


番外編. フラワーアイスキューブ
こちらは番外編。
エディブルフラワーやハーブ、フルーツを閉じ込めた涼しげな氷。
これなら簡単にトライできそうだし、ハーブの風味でますますおいしく飲めそう!
一度沸騰させた水を使うのが、クリアな氷にするポイントとのこと。
20140602_7.jpg


こんな風に、アイスキャンディを作るのもいいですね。
ちなみにこれは、シャンパンに砂糖水を混ぜて作ったアイスキャンディ。
ドリンクに色が着いていない分、花の鮮やかさが引き立ちますね!
20140602_12.jpg


ちなみにエディブルフラワーは、農薬に注意し育てているため食べても安全なんだそう。
日本でもオンラインショップなどで買うことができるので、
くれぐれもお花屋さんの花ではなく、食用のものを使ってくださいね~。

◆参照元

◆箱庭キュレーター

haconiwa-miyu.jpg


箱庭のガッコウ3期生。ささやかで、大切なディテールを残したくて日々しゃしんを撮っています。生活を感じる旅、暮らしのあれこれ、健やかな食&住が興味の対象。クラフトの街松本で育った影響か、手仕事好き。ローカルの暮らしや民芸の奥深さに出会うため、日本各地を巡ってます。