150513chucky_00

独創的なのに懐かしい!
ころんとかわいくおめかしした、昔ながらの日本のおやつ。

こんにちは!キュレーターchuckyです。
今回も前回に引き続き、大阪から素敵なお店をご紹介します!

150513chucky_01

150513chucky_02
大阪の北部・豊中の商店街。
昔ながらの風情が今も残るこの商店街の一角に小さな小さなおはぎやさんがあります。
アンティークで温かみを感じる軒先にはお客さんの姿が後を断たず、その客層はちびっこもいればおじいちゃんも若い女性も。

150513chucky_03

150513chucky_04
おはぎを買おうと並んでいると横にいたおじいちゃんが
「おっちゃんなー、隣の町から車で買いに来てるねん。ここのおはぎ美味しいからな~。たまにもう何も残ってへん時あんねん」と声をかけてきてくれました。

150513chucky_05

150513chucky_06
お店を覗くと、アンティークの木でできたガラスケースの中に、ころんとしたフォームのかわいい創作おはぎ。
私達が持つおはぎのイメージを斬新に覆す・・・のではなく、昔ながらの温かみはそのままに少し“よそいき”の格好をしたおはぎ達に思わず笑顔がこぼれます。

店の名前にもなっている店主の森さんにお話を伺う事ができました。
元テキスタイルデザイナーだった森さんは、直接自分が創り出したものがどのようにどれだけ人に喜ばれているか直接感じることのできない現場に違和感を感じていたそう。

- なぜおはぎなんですか?
と素朴な疑問をぶつけたところ
- ものづくりとおはぎがすきだったんです。
とのお答え。

150513chucky_07
今まで職業としてもされていた“ものづくり”、
昔から大好きでしょっちゅう食べていたという“おはぎ”。

森さんが持つものづくりには欠かせない独創性と、おはぎへの強い愛情が形となったおはぎは、
チャーミングなルックスもさることながら味も触感も独特でいて懐かしい。
今まで食べたおはぎは一つ食べると十分だったのですが何個でも口に運んでしまいます。
甘さが控えめでしっかりと素材の味と食感を感じることができるんです。

ショップカードにはこういう一文が。
『洗練されたきれいな味ではないけれど、しみじみ美味しい森のおはぎをこしらえています。』

まさに素材の味をじっくりと感じる事ができ、口にほおばった時のモッチリ感とぷちぷちとした雑穀の食感を同時に楽しむ事ができる逸品。
ラインナップとしては定番のおはぎ5種に季節によって新しいおはぎが2種追加されます。

150513chucky_08
作り置きをせず、毎朝作られるおはぎ達は午前で売り切れてしまう事もめずらしくないそうで、
私が訪れたときにもいくつかのおはぎとわらび餅や最中が売りきれになってしまっていました。
ぜひ次回はわらび餅に挑戦してみたいです。

150513chucky_09
先月には、なんと森のおはぎのレシピ本も出版され、遠方の住む方も森のおはぎの味を家庭で再現できちゃうかもです。
通常なら生命線でもある“作り方”を一般的に公開してしまうという事については、
もともとおばあちゃんやご近所さんが作ってくれたりして馴染みのあるおやつ達なので、家庭でも是非作ってもらいたいとのこと。
なんともやわらかい空気感を持つ森さんの人柄があらわれています。
おはぎの味もルックスもお店の雰囲気も、そしてオーナーさんも含めこの“親しみやすさ”こそ、
みんなに愛されるこの小さなおはぎやさんの最大の魅力でしょうね。

森のおはぎとあんこのおやつ
森 百合子 著
定価(税込):1,404円
発行日:2015年4月20日
判型:B5判
ISBN:978-4-259-56470-4

150513chucky_10
手土産として持参すると、一目置かれること間違いなし、さらには男性やお年寄りにも喜んでもらえそう!
温もりがこもった、かわいいおはぎ達でHAPPYのお裾分けはいかかでしょう?
自分へのご褒美も忘れずに!!

森のおはぎ

・所在地:大阪府豊中市中桜塚2-25-10
  阪急宝塚線岡町駅から徒歩7分
・営業時間:10:00~13:00 
 14:00~売切
・定休日:日・月曜日
・電話:06-6845-1250
・ウェブサイト:http://morinoohagi.jimdo.com

森乃お菓子

・所在地:大阪府曽根崎新地1-1-43
 第2大川ビル1F
 御堂筋から新地本通りを
 10mほど西へ
・営業時間:16:30~売り切れ
・定休日:日・祝・月曜日
・電話:06-6341-2320

◆箱庭キュレーター
haconiwa-chucky.jpg
持ち前の思い付きと行動力で、10代の頃から基本的に外国と大阪を行ったりきたり。
どこでも生きていけそうとよく言われます。ゆるいけど情熱的!現在渡英準備中。
それ以上でもそれ以下でもない愛おしい日常を赤裸々に綴ったブログをマイペースに更新しています。
Instagram:@chuckom