150609kawanaka_00

懐かしくて新しい進化系お取り寄せスイーツ

こんにちは!箱庭キュレーターのShiomiです。

みなさんの地元には、どんな郷土菓子がありますか?
わたしの出身地である鹿児島には、かるかんやあくまきといった郷土菓子があります。今回ご紹介したいのは、その鹿児島の郷土菓子のひとつである”ふくれ菓子”をかわいくおしゃれに進化させた「FUKU+RE」です。

ふくれ菓子とは?

まずふくれ菓子がどういうお菓子かというと、「FUKU+RE」のサイトでは次のように紹介されています。

“「ふくれ菓子」は、小麦粉と砂糖と重曹を混ぜ、せいろでふっくらと蒸し上げた懐かしい味わいのお菓子。鹿児島では、ひと昔前までは、お母さんやおばあちゃんが手作りしてくれる家庭の味でもありました。”
(”FUKU+REのルーツを訪ねて”ということで、昔ながらの作り方でふくれ菓子を手作りしている作り手さんを紹介しているので、よかったら読んでみてくださいね。めちゃくちゃ素朴なお菓子なのがわかります。)

イメージ的には、しっとりむっちりとした蒸しパンといった感じですかね〜。

このふくれ菓子、やはり鹿児島以外で売っているところはあんまりない(鹿児島だとスーパーでも売っているのです!)。
たまにむしょうに食べたくなるのですが、あのしっとりむっちりとした食感とコクは、他のお菓子にはないんだよな〜とあきらめていました。

が!そのふくれ菓子を進化させたお取り寄せスイーツ「FUKU+RE」を発見しました!

あたらしいスタイルのふくれ菓子

150609kawanaka_01

「FUKU+RE」のコンセプトは、
”鹿児島県の郷土菓子“ふくれ菓子”を新しいスタイルの蒸し菓子に発展させた進化系お取り寄せスイーツです。”
とのこと。

鹿児島の郷土菓子がおしゃれなスイーツに進化して、しかもお取り寄せできるとはすばらしい。
ではでは、そのスイーツたちをご紹介します。

色とりどりのふくれ菓子

150609kawanaka_02

季節によって変わるお花がデコレーションされたKirishima(キリシマ)。
鹿児島の特産品である緑茶を混ぜ込んであります。

150609kawanaka_03

カットするとこんな感じ。中にドットのように見えるのは手亡豆です。
FUKU+REのふくれ菓子は、冷たく冷やすとしっとりもっちり、あたためるとふんわり口溶け良くいただけます。
ぜひどちらも試しましょう(笑)

150609kawanaka_04

こちらは、ko-mikan(コミカン)。
桜島でとれる世界一小さいみかん。一口で食べれるほど小さいみかんを丸ごとグラッセにして、ほんのり生姜風味の生地にたっぷり練り込んであります。

150609kawanaka_05

しましまが可愛いのが、Sesame (セザム)。
実はごまの生産高一位の鹿児島でとれた、上質な黒ごまをたっぷり使っています。

150609kawanaka_06

記事の始めの写真と同じふくれ菓子、Tokara(トカラ)とPeche mignon(ペッシェ・ミニョン)。
Tokaraには鹿児島の離島でとれる島バナナを、Peche mignonにはカカオをたっぷり混ぜ込んだケーキのようなふくれ菓子です。

かわいい焼き菓子もあるよ

FUKU+REでは、ふくれ菓子の他に焼き菓子やマフィン、ジャムなども販売していて、どれもかわいくて美味しそうなんです!

150609kawanaka_07

その名もフクロウというフロランタン。
縁起の良いフクロウのモチーフは、結婚式のプチギフトにもオススメです。

150609kawanaka_08

FUKU+RE Botanica(フクレ ボタニカ)は、”おいしい標本”と題される通り標本のようなかっこいいビジュアル。
ぞれぞれ異なる味のサブレとジャムの組み合わせが楽しくて、全部独り占めしたくなります。

150609kawanaka_09

花良治みかんのアマレティは、喜界島でとれる幻のみかんと呼ばれる花良治みかんを使ったサクサクほろほろのお菓子。

ここまで見てきてもわかる通り、FUKU+REのお菓子はとっても素材にこだわっています。
できるだけ無農薬、低農薬、オーガニックの厳選した食材を使い、添加物、化学調味料を一切使用せず、安心して食べられること、季節感を感じられることにこだわっているので、プレゼントにもぴったりです。

150609kawanaka_10

こんな素敵な贈り物が届いたらうれしいですよね。

東京では、青山ファーマーズマーケットにも出店されているので、ぜひみなさんもお試しくださいね。
きっと新しい食感にはまりますよー!

FUKU+RE

オンラインショップ:http://www.fukure.com
住所:鹿児島県鹿児島市名山町2-1レトロフト千歳ビル2階
TEL:099-210-7447
営業時間;10:00-18:00
定休日:月曜日

◆箱庭キュレーター
haconiwa-Shiomi.jpg
Shiomi
鹿児島出身。
作ったり、食べたり、旅行したり、DIY精神で人生を満喫中。
週末はアロマセラピストとして、おうちサロンを開くことも。
最近気になるのは、パリ、コーヒー、パン作り、散歩、おいしいレシピの探求、etc。
夢は、世界中を旅して、素敵なモノ・コトをたくさん体感すること。