150424k_01

一杯のコーヒーからはじまる“一期一会”
人、モノ、カルチャーが集まる日常

こんにちは。コーヒー好きのKeinaです。
あちこちで真夏日が観測される今日この頃、
最近、ハリオの水出し珈琲ポットでアイスコーヒーをつくって楽しんでいます。

コーヒーといえば、PADDLERS COFFEEの旗艦店が、
幡ヶ谷と代々木上原の間にある、西原商店街のはずれにオープンしましたね。
わたしは、移転前(参宮橋)のお店に、何度かコーヒーを飲みに行ったことがあり、
おみやげにコーヒー豆を買って、仕事中の休憩にコーヒーを淹れて楽しんでいました。

今回オープンした場所は、日本特有の文化である、「商店街」。
店主である松島大介さんは、10代から約7年間をアメリカ・ポートランドで過ごし、
ポートランドのようにコーヒーが溶け込んでいる日常を作り出す一番自然なかたちが、
日本では“商店街”ではないかと考えたそうです。

また、世界中からますます注目を集め、サードウェーブをけん引し続けるアメリカ・西海岸・ポートランドに本拠地を構えるSTUMPTOWN COFFEE ROASTERS(スタンプタウンコーヒーロースターズ)の新鮮で美味しいコーヒー豆を、日本初にして、唯一、エスプレッソを味わうことができます。

150424k_05
オープンしたばかりのショップは、今までに出逢った人、モノ、自然、カルチャーの中で、心からリスペクトし本当に大好きなものだけを取り入れ、内装からプロダクトのひとつひとつ全てオリジナルにこだわっています。店内にはレコードやカセットテープの心地よい音楽が流れていて、アナログ好きには、嬉しいところ。

150424k_03
フレンチプレスを使った日替わりのコーヒーと、旨味が凝縮されたエスプレッソ、
その日の気分に合わせて選んでみるのもいいですね。

150424k_04
植物や木の温もりのある空間は、居心地がよさそうですよ。

150424k_06
今後はこの場所を活かし、国内外問わず魅力ある職人やアーティスト、料理人とのコラボレーションや交流も積極的に行っていこうと考えているそうです。

また、美味しいコーヒーがきっかけとなって、
老若男女の様々なお客さん同士が自然と繋がっていける空間を目指しているとのこと。
週末に美味しいコーヒーと“一期一会”を楽しみに、
「PADDLERS COFFEE」へ足を運んでみては、いかがでしょうか。

150424k_07

    PADDLERS COFFEE

    住所:東京都渋谷区西原2-26-5
    ADDRESS:2-26-5 NISHIHARA SHIBUYA TOKYO
    HOURS:7:30AM~6:00PM
    CLOSED:WEDNESDAY

    最寄り駅:京王線幡ヶ谷駅より徒歩4分
    小田急・千代田線代々木上原駅より徒歩8分

    www.paddlerscoffee.com
    Instagram facebookページ