150716miyu_000

ハーブや花を組み合わせた、オーガニックなチョコレート。

はろ。ミユです。
以前、エディブルフラワー×スイーツの記事を書いてから、ずっと食べてみたいなーと思っていたのですが、
なかなか機会がなく食べることができていませんでした・・・が、ついにデビューです!
たまたま知ったこのチョコレート、まずは見た目の可愛さにノックアウト。
チョコレートも大好きだし、食べてみることにしました。

150716miyu_09
私が食べてみたのはこの3つ。
左から、ミント / ターメリック&ジンジャー / ハイビスカス です。
パッケージもシンプルでおしゃれ!飾っておきたいくらいの美しさ。

150716miyu_02
まずはミント。
うすいグリーンにヤグルマギクの紫と赤、白がとってもきれい!
でも私・・・正直、ミントのアイスとか刺激が強すぎて苦手なんです。
だからこれ期待していなかったんですが、ミント感が穏やかでほのかにするくらい。
これは、ホワイトチョコレート好きにはたまりません〜。

150716miyu_04
こちらはターメリック&ジンジャー。
キンセンカ、胡麻、生姜の砂糖漬けが乗っています。
もう、見るからにカレー。ターメリックってカレーに入れるスパイスだし、生姜だし!
ドキドキしながら、パクっとしてみると・・・スパイシーーーー。
生姜の辛さがあとひく感じで、身体がぽかぽかしてきます。
チョコレートの甘さにスパイスがプラスされて、大人の雰囲気です。(カレー味ではありませんでした!笑)
スパイスの刺激がお好きな方にオススメ!

150716miyu_03
最後に、ハイビスカス。
ハイビスカスはお茶でしか飲んだことがありませんが、ハイビスカスティーは甘酸っぱさが魅力ですよね。
あの、ベリーのような甘酸っぱさがホワイトチョコレートと合わさって最高においしい!
安心安定のおいしさ。個人的にはこれが一番すきかも。

150716miyu_05
表面は、通常の板チョコのように割れ目が入っています。
裏側が花でデコレーションされているんですね。

150716miyu_06
どれも香りや味が強すぎないので、とってもおいしくいただけます。
エディブルフラワーに強い味があるわけではないので、
目でお花の色合いを楽しみながら、チョコレートの味を堪能できますよ。

CHOC’FLEURS® (ショック フルール) は、フランス中部サントル圏ブールジュ近郊、美しい自然に囲まれた場所にあるショコラトゥリー(チョコレート製造所)のことで、農家のご夫婦が作っているんだそう。

150716miyu_07
150716miyu_08
私がいいなあと思ったのは、着色料や保存料などの食品添加物は一切使用していないということ。
それに、原材料は砂糖やミルク、胡麻に至るまで全てが100%無農薬・無化学肥料栽培なんだそう。

カゴいっぱいに摘まれた花びらは乾燥させ、チョコレートに手作業で飾り付けていきます。色とりどりの花びらを纏ったチョコレートはまるで絵のように美しく食べるのがもったいないくらい。花びらの色や形も異なり、ひとつとして同じものはありません。豊かな自然を守りその恩恵をたっぷり受けて作られたチョコレートは混じりけのない、美しく澄んだ味がします。
輸入食材屋PORCO BACIOのWebサイトより)

150716miyu_11

今回はこの3種類だけでしたが、どれもおいしかったから他のフレーバーも試してみたいな。
「媚薬のスパイス」と「チャイ」が気になる!
こんなのプレゼントしてもらったらテンションあがっちゃいますね〜。

◆参照サイト:CHOC’FLEURS
輸入食材屋PORCO BACIO(ポルコバッチョ)

◆箱庭キュレーター
haconiwa-miyu.jpg
ミユ |LIFE- MIYUKI SHIMIZU
箱庭のガッコウ3期生。ささやかで、大切なディテールを残したくて日々しゃしんを撮っています。生活を感じる旅、暮らしのあれこれ、健やかな食&住が興味の対象。クラフトの街松本で育った影響か、手仕事好き。ローカルの暮らしや民芸の奥深さに出会うため、日本各地を巡ってます。