20150525ozamisa_06

アナログなタッチと計算された動きが面白い Drew Tyndellさんの作品

こんにちは、オザミサです。

今回は、ずーっと眺めていられるGIFアニメ「LOOP」という作品をご紹介。
Cartoon Networkというアニメ専門チャンネルなどで活躍していたDrew Tyndellさんの作品です。

アナログで平面的な作品は、どれも楽しいものばかり。
計算されつくしたオブジェクトの動きは、ピタゴラスイッチ的な面白さがあるし、
手書きのタッチと優しい色合いも素敵です。
一つ一つの動きを追うごとに、新たな発見と驚きで、ずーっと眺めてしまいます。

今回は、そんな彼の作品の中から5点をご紹介!

作品1.

20150706misa_03
配色がカワイイと思いきや、黒い影のような物体がアクセントになっている作品。
色んな要素が混じっていて、細かいところまで楽しめます。

作品2.

20150706misa_05
物体同士がぶつかる様子が楽しい作品。
液体の動きからインスピレーションを受けたのかな?

作品3.

20150706misa_04
個人的に一番見ていて気もちイイ作品かも!
球体が弾みながらコロコロと落ちていく様子がたまりません。
ずっと眺めてしまいます。

作品4.

20150706misa_02
一面一面、動きの違いを見ていくのが面白い。
直線的な動きが際立っていて、疾走感あふれる作品です。

作品5.

20150706misa_01
紺色で縁取られた枠のなかで、色々なオブジェクトが動いていますね。
細かな模様が沢山使われていて、繰り返しみては発見があります。

いかがでしたか?
人によって、色々な発見・解釈ができる作品だと思います。
友だちや家族と一緒に眺めるのも、きっと楽しいかもしれませんね。

作者であるDrew Tyndellさんの父親は、建築家。
小さいころから建築の図面や設計に必要な道具が、身近にあったそうです。
平面と立体的な思考は、ここから影響を受けているのでしょうね。
また70~90年代を感じさせるポップな色や図形は、BMXやスケボーのカルチャーに影響されたのだとか。

彼のルーツを知って、また改めて作品を見ると
階段のようなカタチやシュッとしたカーブの動きなど、新しく気づく点が沢山ありそうです。

◆参照元サイト
Animated Gifs
Let These Colorful Looped Illustrations Wash Over You, Control Your Mind
Interview: Drew Tyndell

◆箱庭キュレーター
haconiwa_ozamisa.jpgオザミサ
箱庭のガッコウ1期生。長崎県出身。
変なボールペンを集めています。動画やITに関わる仕事をしているので、オススメの動画作品やスマホアプリなどを紹介しますね。