matsumoto_zakka

てくてく歩いてちょうどいい。松本ならではの雑貨を探しに。

はろ。ミユです。
私は長野県松本市の出身なのですが、最近注目度が上がって来ているのか「松本に行くならどこがおすすめ?」とよく聞かれるようになってきました。松本は昔からある魅力的なスポットもたくさんありますが、どんどん新しいお店が増えていっているんです。そこで、松本の魅力をたーっぷりお伝えするため、何回かにわたってご紹介していきたいと思います!

今回、松本をご案内するにあたってご協力いただいたのは、Book+Coffeeの栞日さん。
栞日さんとは期間限定の写真スタジオや、写真展を開催させていただいたご縁で仲良くさせていただいているんです。
150728miyu_28
元々は写真館だったというちいさなビルをリノベーションした店内には、本や雑誌、リトルプレスがずらり。

150728miyu_27
そしてこちらが店主の菊地さん。
京都のKAFE工船の豆を使ったおいしいコーヒーを淹れてくれます。小腹が空いた時にちょうどいいお菓子も!

色々な展示会やワークショップが開かれる栞日さん。
松本を中心に県内外の方とつながりがあり、また日々松本で暮らされているので案内役に適任!
栞日さんに教えていただいたスポットの中から、今回は「雑貨編」をお届けします。
私も大好きなお店ばかり〜。

LABORATORIO/ラボラトリオ

オーバルボックスで知られる木工作家・ 井藤さんと奥さまが営むライフスタイルショップです。
元薬局の建物をリノベーションしている広々とした店内。
階段をあがるとそこにはセレクトされた雑貨が凛とした佇まいで並びます。
静けさと賑やかさ、冷たさと暖かさ、固さと柔らかさ、そんな相反するものたちが同居していて、
使い続けるうちに風合いを増すだろう生活道具の品々は、見飽きることがありません。
150728miyu_08150728miyu_07150728miyu_06
1階の「the Box Shop」には井藤昌志さんの木工作品が並びます。
無駄のないシンプルな形、ため息がでるほど美しいんです。

150728miyu_09
元々実験室だったと言う2階のカフェスペース。時代を重ねた両開きの木製窓や漆喰の壁が素敵です。

150728miyu_10
マフィンのセットをいただいてきました。
マフィンがもっちもちでおいしい!
他のお料理も細胞にしっかりと染み渡るような、純粋な味。
これにちいさなデザートもつきます。

隣のビルにある「faber LABORATORIO」では、YAECAやTEMBEAなどの衣料品が並ぶほか、企画展も開催されています。

栞日さん:「ギャラリーの企画展も毎回充実の内容で、 全国的に活躍している作家さんや有名ブランドを、
松本に紹介してくれる貴重な場所です。」

    LABORATORIO/ラボラトリオ
    住所:長野県松本市大手 1-3-29
    TEL:0263-36-5536
    営業時間:11:00-18:00 火曜定休
    WEB:http://shop.laboratorio.jp

minä perhonen matsumoto

次にご紹介するminä perhonen松本店は、東京・京都に次ぐ3番目の直営店。
ここが出来ると知った時、大好きなミナがまさか地元にくるなんて思いもしなかったので、
とても興奮したのを覚えています。
minä perhonen松本店のある六九商店街も、最近また活気づいてきているエリア。
5月末にはクラフトフェアに合わせて「六九クラフトストリート」というイベントが開催されており、
minä perhonen松本店も参加しています。
150728miyu_02
栞日さんが、「美しい緑が基調のタイル貼りの壁面と、窓ガラスに描かれた皆川さん直筆の木の絵が目印。」
というように、外観からminä perhonenの世界観が現れています。
皆川さん直筆の絵だけでも一見の価値がありますね。

150728miyu_01
店内は深い緑色に浮かぶ三角のランプが印象的で、絵本の森の中にいるよう。

松本店2周年記念のアニバーサリーアイテムには、復刻された「mori-no-umi」のテキスタイルが使用されているんですよ!

150728miyu_05
サンキューベリーバッジはいくつ持っていてもまた欲しくなるアイテム。
同じテキスタイルでも、使われている部分によって表情が変わるので、じっくり選ぶのが楽しい!

150728miyu_04150728miyu_03
いがらしろみさんのRomi-Unie Confitureとのコラボレーションジャムも松本店2周年記念アイテム。
長野県産のアプリコット、バレンシアオレンジ、ピーチを使用しているそう。

ショッピングバッグも松本限定のものなので、お買い物の際はそちらも楽しんでくださいね。

    minä perhonen松本店
    住所:長野県松本市大手2-4-26
    TEL:0263-38-0137
    営業時間:11:00-18:30 水曜定休
    WEB:http://www.mina-perhonen.jp

amijok

次はこちら、小島さん夫妻の「Kojima」を逆さから呼んで「Amijok(アミジョク)」さん。
北欧かどこかの言葉かと思っていたら、こんな可愛い名付けににっこりしてしまうお店です。
店内の雰囲気にも、カジュアルで、暖かく親しみがある、そんなおふたりの人柄がとてもよくでています。
150728miyu_12150728miyu_11
栞日さん:「地元のクラフト作家さんの陶器などと、全国的に知られている生活道具ブランドの品がバランスよく陳列されていて、 松本に来たら必ず立ち寄りたいコミュニティスポットです。」

店内のカフェスペースでは、食事やドリンクを楽しむことができます。
150728miyu_15
そして、amijokといえば外せないのがマフィン。
この日のラインナップは、プラム&フロマージュクリーム・チョコバナナ&クリームチーズ・はちみつジンジャー有機紅茶&クリームチーズ・甘夏マーマレード&キャラメル・宇治抹茶&ホワイトチョコレートでした。

どれもおいしそうで迷ってしまいますね!

150728miyu_16
友だちの家に遊びにきたような居心地のよさを、ぜひ味わってほしいお店です。

    amijok
    住所:長野県松本市中央3-4-14
    TEL:0263-88-6238
    営業時間:10:00~18:00 毎週木曜・第2第4水曜日定休
    WEB:http://amijoktk.exblog.jp

TOCA by lifart…

キャンドル作家の西牧さんの「lifart...」の工房に併設された雑貨店。
「lifart...」のキャンドルは、去年の「ALPS BOOK CAMP」でもキャンプ場を柔らかく照らしていました。
こちらの記事で、夜になった会場を包み込んでいるのが「lifart...」のキャンドルです。)
150728miyu_22
150728miyu_18
都内ではToday’s specialなどでも取り扱いのある「lifart...」のフレグランスキャンドルですが、こちらのお店では毎月香りが変わる店舗限定のオリジナルキャンドルがあるんです!

150728miyu_19
栞日さん:「ご自身のキャンドル作品のアンテナショップであると同時に、
ご夫婦おふたりの審美眼によって選ばれた良質な生活道具とウィットに富んだ雑貨類が、
国内外・新旧問わずセンスよく配されたセレクトショップでもあります。」

確かに、雑貨から食料品まで取り揃えているので、気になるものを見つけたり、
ネットで存在は知っていたけど実物を見たことがなかったものがあったりで、とても楽しい!

150728miyu_21
アウトドア用品などの、ちょっとオトコマエな雑貨があるのもポイント!
店主の西牧さんは、川や山でケリーケトルでお湯を沸かしてアウトドアごはんを楽しんでいるんだそう。
自然にあふれた松本だからこそより魅力が増す雑貨たちです。

    TOCA by lifart…
    住所:長野県松本市大手4-3-17
    TEL:0263-87-8942
    営業時間:12:00-19:00
    毎週水・木曜日定休
    WEB:http://toca-lifart.com

ギャルリ灰月

最後にご紹介するのは、こちらの「ギャルリ灰月(かいげつ)」

店内に一歩入るとそこは、外の喧噪を忘れるような、明るく澄んだ広々とした店内。
キリリとした白い空間が、そこにあるモノたちの魅力をより引き立てています。
ここにあるのは、いつか手にしたい憧れの品ばかり。
150728miyu_23
栞日さん:「松本の街におけるクラフトの変遷を見守ってきた、 ギャラリー兼セレクトショップ。
奥のギャラリースペースで開催される企画展も、 店頭に並んでいる生活道具の数々も『間違いない』ものばかりで、抜群の安定感を誇るお店です。」

150728miyu_25
この時は、涼しげなガラス作品と夏に使いたいカゴがたくさん並んでいました。

150728miyu_26150728miyu_24
丁寧に作られたものたちを、じっくり悩んで大切に使いたい。
灰月オリジナルのリネンスカートやワンピースも、シンプルな中に女性らしさが感じられて、
大人になったからこそ着たい、とっても素敵なものばかりです。

少し背筋がしゃんと伸びて、来る前よりきっと気持ちがスッキリするはず。

    ギャルリ灰月
    住所:長野県松本市中央2-2-6 高美書店2F
    TEL:0263-38-0022
    営業時間:11:00~18:00 火・水曜定休
    WEB:http://galerie-kaigetsu.com

いかがでしたか?
松本の魅力を少しでも感じていただけたらうれしいです!

matsumoto_zakka
そして今回のバナーは、私の撮った写真にイラストを重ねていただいているのですが、
松本在住の山鳩舎さんにコラボレーションをお願いしました!
山鳩舎さんは、ウェブとイラストに関する企画や制作を行うスタジオで、
シンプルだけどどこか手仕事の暖かみがあって、すっごく素敵なんです。
今回描いていただいたイラストは、松本観光には外せない松本城!可愛い〜。

ちなみに写真の撮影場所は、蔵が連なる中町通り。
とても雰囲気のいい場所なのでぜひ足を運んでみてください!

今回ご協力いただいた栞日さんの情報はコチラ。
こちらも併せてお出かけ下さいね。

    栞日
    住所:長野県松本市深志3-7-5
    TEL:0263-87-5377
    営業時間:8:00-19:00(不定休)
    WEB:http://sioribi.jp

◆箱庭キュレーター
haconiwa-miyu.jpg
ミユ |LIFE- MIYUKI SHIMIZU
フォトグラファー/箱庭キュレーター
箱庭のガッコウ3期生。長野県と東京を中心に写真撮ってます。生活を感じる旅、暮らしのあれこれ、健やかな食&住が興味の対象。