tomo_01

「たまにはフィルムカメラで撮ってみようかな?」

こんにちは!セキです。
写真好き・カメラ好きが多い箱庭読者の皆さんはおそらく、スマートフォンやタブレットで、カメラアプリをフル活用していることでしょう。
簡単に加工ができたり、シャッター音が消せたり、暗くてもきれいに撮れたり。
便利なカメラアプリがたくさんあるものですね。
(実はあまり使いこなせていないわたし……)

今日ご紹介したいのは「今までにない不便さ」がウリ(?)のカメラアプリです。
その名は「Tomo」。

今までのカメラアプリと、一体なにが違うのでしょう。
まず、「36枚撮り」ということ。
「なんで36枚?」と思ったあなた。
「36枚」というのにピンときませんか?もしくは「24枚」。
そう、フィルムカメラの枚数です!
フィルムカメラでの撮影の経験がなくても、レンズ付きフィルムでパチパチ写真を撮った経験のある方は多いのでは。
「使い捨てカメラ」と呼ばれていたやつですね。
わたしが学生の頃に、大流行しました。(年齢がバレちゃう!)

Tomo」は、ファインダーもまるでレンズ付きフィルムみたいなんです。
正直、見にくいです。
でもそれが、いいんです。

shot

フィルムカメラは、撮影したら現像しなくては見ることができません。
この「Tomo」も、36枚の撮影中は一切見ることができません。
撮影が終わるとタイマーが作動し、72時間後に写真ライブラリのアルバムへ撮影した36枚が追加され、そこでようやく見ることができます。

timer

編集部でも、早速使ってみました!
被写体は、シオリの愛猫・しじみ。
普段まとめて撮ることがないという愛猫を、シオリが全36枚撮り下ろし!!

画面が小さくて、どんな写真が撮れているんだろう!?とわくわくしながら撮影してくれましたよ。
レンズ付きフィルムが大好きで、常にかばんに潜めていたという高校生のシオリ。ことあるごとにパシャパシャ撮りためていたそうですが、そのときの「プリントしてみなきゃ出来がわからない、あの感じ」を思い出したそうです。

「ピンぼけしている写真が、意外といい感じだったり、思ってもない表情が撮れていたり。普段撮らない写真が撮れていて、楽しかった!!」とのこと。

そうやってでき上がったのが…… こちらっ!

150813seki_03

150813seki_04

150813seki_05

なんだかほっこりとしたストーリーを感じますね〜!

そして、最後にもうひとつ、他のカメラアプリと違うこと。
それは、SNSと連携していないこと!
「エー!ヤダー!!」なんて言わないでください。
いいことだってあるんです。
SNSと連携していないことで、FacebookやTwitter、Instagramの存在を忘れ、おのずと目の間の風景や出来事に集中することができるんですよ!!
友だちや恋人、家族、ペットと過ごす時間を優先する、良い機会になりそうです。
さらに、フィルムの現像を待つように、72時間後にできあがった写真を皆で楽しみにして見る、という楽しみ方もできます。

「たまにはフィルムカメラで写真を撮ってみようかな?」そんな気分になる、ちょっと懐かしい感覚が思い出されるカメラアプリです。

イベント情報

そんなカメラアプリ「Tomo」協賛のイベントが、近々開催されるそう!たくさんの写真集と、写真が好きな人々が集う、その名も「写真集飲み会」。こちらもチェック!

写真集飲み会 at VACANT
日時:8月29日(土)13:00〜21:00/30日(日)12:00〜20:00
入場料:500円
会場:VACANT
URL:http://heyevent.com/event/zcthnjvjdkluua/at-vacant

◆参照元サイト
Tomo

    J-WAVEの番組「Pop Up!」に、箱庭のコーナーができました!
    番組ホームページでも、「haconiwa catch up」として箱庭の記事を配信しています。

    J-WAVE Pop Up!
    J-WAVE Pop Up!