151019n_01

海と空に囲まれて、ゆったり島時間を味わえる“手作り市”をご紹介します

誰がって、が。

こんにちは、なかじです。

さて先週末の10月17日(土)〜18日(日)、私の地元である石川県七尾市の能登島で開催された「のて」。以前箱庭の記事でも紹介させて頂いたこの「のて」(=“の”とじま“手”まつり“の頭文字を取った愛称)は、能登半島に浮かぶ能登島に県内外のクリエイターが集まり、手作りのクラフト雑貨・器・家具・フードなどを販売する島のマーケットです。そして今回、快晴のなか「のて 2015」へ行ってまいりました! …私の妹が(2回目)

151019n_34

「ちょ、何で妹に行かせてるんだよ」と思われるでしょうし自分でも思うのですが、だって行けなかったんだもん…風邪引いてたし…あと遠いし…。というわけで、東京で寝込む姉の代わりに心優しい妹がしっかりレポートしてきてくれたので、その様子をご紹介しますよ!

151019n_27

まず能登島へ行くには、七尾市街と島を結ぶこの能登島大橋を使います。眼下に見えるのは日本海の七尾湾。このあたりは数年前から野生のイルカが棲んでいることでも知られているのですが、運が良ければこの橋の上からイルカを見られるなんてことも。遠くから見ると大きな橋ですが、車だと結構すぐに渡りきれます。日が沈む時間帯は夕日がとってもキレイなんですよ。

青空の下、さまざまなクリエイターブースが並ぶ

151019n_22

会場は能登島家族旅行村Weランドの芝生広場。通常は島の野外キャンプ場として使われている場所なのですが、この日はイベント用にたくさんの出展ブースが並んでいました。

151019n_07

151019n_13

こちらは石川県の間伐材や建築端材を使っておもちゃや雑貨、家具などを製作している「やまのおうち」ブース。手前にあるのは木のカメラ!子どものおもちゃにはもちろん、部屋のインテリアにしてもかわいいですね。

151019n_05

能登仁行和紙」ブースでは、ここ能登半島の自然を取り入れた紙ものが販売されていました。手前に映っているのは桜貝ノート。能登半島の増穂浦で採れるピンク色の桜貝がアクセントに入っています。地元にいる時はいまいちピンとこなかったんですが、離れてみると色んな魅力がある土地だったんだということを実感しますね。

151019n_02

ガラス工房「カレット」の一輪挿し。太陽の光がガラスに反射してキレイ。カレットさんは加賀市拠点のようなのですが、ちなみにいうと能登島には「能登島ガラス美術館」というものがあってだな。食祭市場→能登島水族館→ガラス美術館のコンボはこのあたりでは小学校の遠足ルートの鉄板でもあります。

151019n_08

151019n_06

「原木工房」の枝木オカリナ。標高700mの工房周辺に自生する30種の樹木の枝で制作したオカリナだそう。

151019n_30

151019n_24

ハンドメイドのアクセサリーや

151019n_20

モビールなどインテリア雑貨があったり

151019n_32

ちょっと変わったLEDキャンドルホルダーも。

151019n_26

151019n_25

米が売られているあたりも北陸ならではという感じがしますね。のとひかりはその名の通り能登で生まれた品種で、米粒がちょっぴり大きいのが特徴です。地元だから贔屓しているわけでは全くないのですが、北陸のお米は本当においしい。それゆえに日本酒も絶品です。

151019n_33

ガラス、陶器、木工、皮革、金属、漆芸、染織...etc.会場には色んな作品が並んでいて、見ているだけでもワクワクしちゃいます(妹が)。会場をぶらぶらするだけでも気持ちがいいのは、単純に野外というだけでなく海を一望できるこのシチュエーションがあってこそ。

151019n_12

日本海って何かこう…雪国で年中曇っていて、松本清張のミステリー小説に出てきそうなどんより暗い印象が強いのですが、実は晴れるとこんなにも青々としている。(※ケトル編集長の嶋浩一郎さんも北陸の雪景色=松本清張の小説みたいと言ってたな…)能登島は小さくて人口も少ない島なんだけど、自然が多くてのんびり穏やかで、何と言ってもお魚が美味しい。東京から島へIターン&Uターンする人もチラホラいるんですよ。

151019n_19

クラフトもいいけど「能登島グルメ」も欠かせない!

151019n_28

イベントの楽しみのひとつと言えばフード。もうね、さすがデキる妹。このあたりもちゃっかりわかってる。こちらの「のとじまバーガー」は、能登島産食材で作られたご当地バーガーです。ミルクたっぷりの白バンズには、能登島の三元豚とんかつが入っていて食べ応え抜群!

151019n_31

151019n_17

でもってこちらは、“椿の花”のお寿司。見た目のインパクトがすごい!会場でもかなり人気だったようです。

151019n_18

椿って食べられるんだね。それにしても、薄く透き通った花びらがキレイだな〜

海と自然、冬は雪景色も美しい能登

151019n_11

151019n_29

そんな感じでなかなか賑わっていた様子の「のて 2015」。こういう市って、作品との素敵な出会いがあったりクリエイターの方々と近い距離で話せたりするのが醍醐味でもありますよね。来年こそは私も行きたいな。デキる妹よ、ありがとう。年末年始は東京土産でも買って帰るよ。

イベントの様子を詳しく知りたい方は、instagramの「#のて」で結構写真が上がっているのでそちらを是非チェックしてください。そして良かったら、能登半島にも遊びに行ってみてくださいね。特にこれからの季節は寒ブリや蟹、牡蠣が超絶おいしいですよ。雪深いのでお車の方はスタッドレスタイヤがマストです。