150927s_ (1)

フォトジェニックな食べ物を、スタイリングをして撮影してみよう!

こんにちは!シオリです。
箱庭編集部に入ってから、ただ趣味で写真を撮るだけではなくて、いろんな場所・シーンの写真を撮る機会が増えてきました。
きれいな景色の写真なんかは、以前から良く撮影していましたが、最近増えてきたのが雑貨や食べ物をテーブルスタイリングしての撮影。

私自身、プロのカメラマンではないけれど、身近にあるものを使って、ちょっとした工夫を施して撮影してみると、あら不思議!
結構ステキな写真が撮れちゃうんですよ!

ほんとに基本的なことではありますが、
私が実際にやっている方法を、こっそりお教えしたいと思います~!

ちょうど先日、日本三景・松島に旅行で訪れたときに立ち寄った松華堂菓子店の「松華堂カステラ」。
現地のカフェで戴いたんですが、これがもう、ものすごい絶品で!!
しかも、超絶フォトジェニックなフォルム!笑
即、お土産として購入してまいりました。

というわけで、この日本三景・松島土産「松華堂カステラ」を使って、
食べ物を撮影するとき、簡単にスタイリングをして撮影するポイントをご紹介します。

白い紙や板に載せて、撮ってみよう。

150927s_ (2)
まず、一番簡単な方法です。
白い紙や板を用意して、その上に載せて真上から(俯瞰で)撮影してみましょう。
白い背景はモノを際立たせてくれるし、見せたいものをきれいに見せてくれます。
モノをフラットに見せてくれるので、プロフィール的な画像が必要な時にこの方法が適してます。

150927s_ (3)
箱やDMがかわいい場合は、一緒に撮影すると記録にもなりますね。
整列もいいけど、ちょっと角度をつけるとポップな印象になります。

スタイリングをして“俯瞰”で、撮ってみよう。

150927s_ (4)
次は、食べるシーンを想像してスタイリングをしてみます。
テーブルには、クロスが敷いてあり、そこにお花が飾られている光景を想像してみてね。
そしてまた、真上から狙って撮影してみます。
スタイリングされたテーブルを俯瞰で撮影すると、スタイリッシュな雰囲気が出て、記事のトップ画像やサムネイルに使用するのにぴったり。

150927s_ (5)
クロスを変えるだけでも、こんなにイメージが変わります!
こっちはちょっと秋っぽいですよね。
自分が求める雰囲気に合わせて、クロスを選んでみてね。

白い壁を背景にして、撮ってみよう。

150927s_ (6)
このカステラは、断面が素晴らしいんですよね~。
キメが細かくて、カステラというよりもシフォンケーキみたいなんです!
そのキメ細かい断面が魅力!だと思ったので、それを際立たせるために、白い壁を背景に撮影。
ちょっと傾けて配置したから、その断面の感じが伝わるでしょ?!

150927s_ (7)
同じく仙台土産のこけしも登場させてみた!
これはちょっとこけしが主張しすぎちゃったけど、小物を添えると雰囲気がまた変わりますよ。

窓辺でカフェ風に、撮ってみよう。

150927s_ (8)
白い壁の時よりも、さらに雰囲気を重視したい時には、
実際にカフェで食べるかのようなシーンを、作っちゃいましょう!
紅茶とセットを想定して、お気に入りのカップも登場させます。
カステラにピントを合わせるけど、窓の外のグリーンも入れることで、カフェの窓辺のようになりますよ。

150927s_ (9)
いろんなアングルで撮ってみよう!
手前にグリーンがあるポイントから、メインのカステラを狙うとこんな感じ。
グリーン越しのカステラは、ちょっとアンニュイな雰囲気に。

150927s_ (10)
こんな感じで、食べ物を撮影してみると一言でいっても、撮影方法はたくさんあるんです!
いろんな方法で撮影して、ベストなカットを見つけてみてね!

◆参照元サイト
松華堂菓子店(食べログ)

◆使用カメラ
Canon デジタル一眼レフカメラ EOS70D