151102m_00-2

空に浮かぶ色とりどりのバルーン!
ドリームなイベント「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」

こんにちは、森ふみです。

今回は、明日11月3日(火)まで開催中の「佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」をご紹介します。
佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」は、今年で36回目となる国内外から100機を超えるバルーンが集まるアジア最大の熱気球大会。年に一度秋に開催されます。
今年は、10月30日~11月3日の5日間にわたって開催中!

佐賀県や九州地方ではかなり有名なイベントなんですが、その他地方の方はまだ足を運んだことがないという人が多いかもしれません。
私も見たい!見たい!と思っていたのですが、今年ついに観戦をしに佐賀へ~!
今回はその時の様子をレポートします。

イベントのメインは1日2回のバルーン競技

151102m_01
佐賀インターナショナルバルーンフェスタ」は、開催中の5日間色々なイベントが催されるのですが、
朝6:45~とお昼14:45~開催されるバルーン競技がメインのイベント。
熱気球って、競技だったんですね!そんなことも知らずに…反省。
ガイドブックや公式サイトで事前予習したところ、朝の空に飛び立つ熱気球の美しさは最高という情報を得て、朝の回を見に行くことにしました。

会場は、佐賀県佐賀市嘉瀬川河川敷がメイン会場。
泊まっていた温泉宿の武雄市からは、レンタカーで50分ほどでした。
私が行った日は平日だったので、駐車場もそんなに混んでいなかったのですが、休日はかなり混雑するようなので公共機関を使う方が良いそう。この開催期間中にだけ「バルーンさが駅」という駅も出来るそうですよ!(駅からはメイン会場もとても近いです!)

私が駐車場に到着したのは、競技開催10分前の6:35。
駐車場からメイン会場までは屋台がずらーーーっと並んでいて会場に向かってのんびり歩いていたら、気づいたらバルーンが離陸中!
どんどん飛び立つバルーンたち。待ってー。

151102m_02
午前中の競技は、会場外から会場内へのフライインと呼ばれるもので、会場外(数km先)から、会場南のローンチサイト内に設定されたターゲットに向かって飛んできます。
その競技バルーンがメイン会場に到着する前に、オフィシャルバルーンが会場から離陸する模様。
リサーチ不足でした…。

この日は、前日までは晴れていたのに、あいにくの曇り空。
でも、曇り空だからこそ、バーナーの灯がきれいに見えるそうです。
次々飛んでいくバルーンが、とてもきれい!

151102m_03
オフィシャルバルーンが飛び立つと、競技バルーンが山の方からやってきました。
競技ってどうやって判定しているんだろう?って思っていたんですが、会場内のゴール目指して、競技者がバルーンから砂袋のような少し重りのあるマーカーを落とし、その落としたマーカーとゴールの距離を競うそうです。
案外難しそう!!

会場内のアナウンスで、競技のルールやバルーンのこと、選手のことまで教えてくれるので、はじめてでも楽しく観戦することができます。
ちなみに、この星の熱気球は親子参加だそう。

151102m_04
同じバルーンがやってきて、空で会話してるみたい。
選手情報もあると、こういう見方もできて楽しいですよね。

メイン会場から73機の熱気球が一斉離陸する競技は圧巻!

151102m_06
本当は午前中だけの観戦のつもりだったんですが、もっと熱気球を見てみたい!ということで午後の競技も観戦することに。
午後の競技は「ヘジテーション・ワルツ」という競技でした。
メイン会場にすべての競技気球が集まり、離陸指示に従い一斉離陸の後、会場外に複数設定されたターゲットのうちの一つを目指して飛ぶというもの。

会場には、73機の競技気球がまだしぼんだ状態で大集合!
今年の大会は来年開催する2016佐賀熱気球世界選手権のプレ大会として開催し、世界トップクラスのパイロットが参加しているそうです。

151102m_07
離陸指示の目印である緑の旗があがると、みんな一斉に気球を膨らまします。

151102m_08
一斉に膨らむ気球たち!早い早い!

151102m_09
あっという間に一機飛び立ちました!

151102m_10
空気を入れて膨らませた後は、バーナーをともしながら少しずつ態勢を整えていくんですね。
バルーンを飛ばせるまでの過程を近くで見られるのも、新鮮でこれまた楽しいです。

151102m_11
バルーンが飛び立つごとに、どの国の気球なのか説明してくれるアナウンスも入り、
みんなで「Have a nice Fly!」と手を振ります。

151102m_12
ぽつぽつと飛び立っていた熱気球だけど、途中からはアナウンスが追い付かないほど次々と飛び立ちます!

空にちりばめられたキャンディのような熱気球の絶景

151102m_13
写真で半分くらいしか伝えられないのが残念なんですが、空にたくさん浮かぶ熱気球の光景は本当に絶景です!

151102m_14
青空だったらな~とも思いますが、曇り空でも十分感動を味わえます。
雨だけでなく風の強さも影響して、競技がキャンセルになることもあるようなので、開催中何日間か滞在するのがおすすめ。
初観戦だったので、撮影ポイントなどもリサーチ不足だったのですが、川の向こうからも素敵な写真が撮れるようです。

151102m_15
こんなにカラフルな空を見ることがなかったので、夢中でシャッターを押しちゃいました。
いいなぁー、このイベント。近くだったら絶対毎年来ちゃうだろうなぁ。

151102m_16
気づいたら、もうこんなに飛び立ってます!

151102m_17

151102m_19
ほっこりかわいい白くまバルーンもありました。

151102m_20
丸くてかわいいフォルムと、カラフルな色がキャンディみたいですよね。

151102m_21
佐賀の空に浮かぶバルーン。大感動でした!
メイン競技の他にも、夜の闇の中で気球が美しく輝き、幻想的な空間を演出する「ラ・モンゴルフィエ・ノクチューン (夜間係留)」や、かわいい形をした変型気球の祭典「バルーンファンタジア」など色々なイベントがありますので、気になる方は公式サイトを見てみてくださいね。
そして、来年は2016佐賀熱気球世界選手権が開催されるので、今年以上に盛り上がるそうです!
ぜひ一度足を運んでみてください~。とても素敵なイベントですよー。