20151206otsuyu_00

新しいおふろのカタチ、大宮で非日常を満喫!

今日も元気、おつゆです!

12月も下旬。手もかじかむ寒い季節になりました。
なんかほっこりしたいなぁ…。
そんな時は、おふろで温まりませんか?

本日は埼玉県の大宮にある「おふろcafe utatane」をご紹介します!

おふろcafeって何?

名前からだとどんなものか想像できない、という声も。
百聞は一見に如かず!早速中をのぞいてみましょう。

20151206otsuyu_01
ん?本当におふろなの?

思わずそう口にしてしまう空間。

まず目を引く暖炉と、木目調の内観。
ところどころに植栽もあり、自然の温もりが感じられます。

20151206otsuyu_03
そして12月といえばクリスマス。
暖炉の隣にツリーなんて、素敵ですね。

季節に合わせて毎回飾り付けも工夫しているそうです。

20151206otsuyu_04

長風呂さん必見!本が読めるおふろ

中にはジェットバスもある大浴場とサウナ。
外には白寿の湯からの天然温泉の運び湯で作られた露天風呂。

女性風呂では泥パックが使い放題!
いつも塗りたくっています。笑

自分で持参した本なら浴場への持ち込みもOK!
長風呂さんには嬉しいですね。 

20151206otsuyu_05

20151206otsuyu_06

お好きな本を手に取って。

おふろcafeは本も豊富!漫画に雑誌、ビジネス書まで。
なんとその数1万冊以上!
そのひとつひとつを、お店の方が選書しているそうです。

もちろんすべて読み放題!
眺めてみると、新たな出逢いがあるかもしれません。

20151206otsuyu_07

どこでくつろぐ?選べる癒し空間。

店内では、色々な癒しスペースがあります。
こちらのおすすめ癒やしスペース、ハンモックは大人気!
本を読みながら、ここでうたたねしてしまう人もちらほら。

20151206otsuyu_08
こちらはゆったりとした椅子に座りながらテレビも見られるうたたねゾーン。
マッサージチェアも使えます!
この隣の部屋ではエステもできますよ。
なんて贅沢っ…!

20151206otsuyu_09
お腹が空いたらこちらのスペースへ。
メニューも普通のカフェと同じくらい豊富で美味しい!
天井の葉っぱも素敵ですね。

20151206otsuyu_10
コーヒーとお水はいつでも飲み放題!
いくらでも長居できちゃいますね。

20151206otsuyu_11
そして気になる環境ですが、嬉しいことに電源も無料WiFiも完備!
Macも自由に使えるので、作業をしたい方でも捗りそう。

五感を刺激する「クリエイティブ」に気づける場所

おふろcafeでは音楽やクラフト、食など、
様々な文化に触れることができます。

それはここが「おふろから文化を発信する」場所だから、なんです。

20151206otsuyu_12
おふろといえば…?
浴室に描かれた富士山をイメージする人も多いと思います。

こちらはそんな富士山を現代風にアレンジ。
ちなみにここ、実はバーなんです。

20151206otsuyu_13
次に案内いただいたのは、こちら。
…ただの椅子?

20151206otsuyu_14
実は机にもなるんです。目から鱗!

こういったクリエイティブを身近に感じられる場所にしたい、
とおっしゃったのは、本日案内して下さった野村さん。

20151206otsuyu_15

文化を味わうイベントも開催!

おふろcafeではワークショップやライブなど、
不定期でイベントが開催されています。

ワークショップでは、バスソルトや泥パック、北欧雑貨を作ったり
足指セラピーや缶詰とお酒のペアリングなど、毎回異なる内容に胸が踊ります!

私も「手作り泥パック」に挑戦してきました!

20151206otsuyu_16
完成品をお持ち帰り。紙コップ2個分です。

参加者の方とスタッフさんと和気あいあい、楽しみながら作ることができました!
粉から泥パックを練るなんて、なかなか体験できませんよね?

これらのメニューはスタッフさんみんなで企画されているそうです。

日々発信し続けるおふろcafe。

来月のワークショップはなんだろう?
おふろ以外にも楽しみが増えますね。

20151206otsuyu_17

静岡にも新店舗がオープン!

そんな素敵なおふろcafeが、2015年11月、「おふろcafe bijinyu(美肌湯)」として静岡にもオープンしました!

なんと、遊びココロをくすぐるような内観!
ぜひ行ってみたいものです。

昔ながらの温浴施設の常識を活かしつつ、
今までにない新しいカタチのおふろを創っていく。

これからのおふろcafeも目が離せません!

スタッフとして一緒にクリエイトしたい、という方も募集中だそうです。

20151206otsuyu_18

おふろから文化を発信して、人生を豊かに。

いかがでしたでしょうか?
実は宿泊もできちゃう、おふろcafe。

おふろ目当てでも、癒やし目当てでも、
漫画目当てでも、クリエイティブ目当てでも。

きっとあなたもうたたねしてしまうほどくつろげる仕掛けがたくさん!
ぜひ一度訪れてみてください。

    おふろcafe utatane

    【フリータイム料金】(朝10:00〜翌朝9:00)
    大人(中学生以上):1.260円
    小人(小学生以下):630円
    その他、会員料金、時間制限入館、深夜追加料金あり。詳細はこちら
    住所:埼玉県さいたま市北区大成町4丁目179-3

◆参照元
おふろcafe utatane:http://ofurocafe-utatane.com/
おふろcafe bijinyu(美肌湯):http://ofurocafe-bijinyu.com/
白寿の湯:http://www.hakujyunoyu.com/

◆箱庭キュレーター
haconiwa-otsuyuおつゆ instagramtwitter
兵庫県出身。イラストや文字での表現活動を好むエンジニア。好奇心と行動力がもたらした様々な経験=宝物を、シェアして笑顔を創るために日々発信中!