151202m_00

切って、つくって、楽しむ!「切り紙 そばちょこ」

こんにちは、森ふみです。
今回は、器好きなみなさんに楽しんでもらいたい切り紙を発見したので、ご紹介します!

その名も「切り紙 そばちょこ」!
151202m_01
そばちょこは、みなさんもご存知、蕎麦のつけ汁を入れる器です。
最近はバラエティー豊かなそばちょこが発売されているので、また注目を浴びていますよね。
そんなそばちょこの歴史は古く300年以上も前、江戸時代にさかのぼります。
原点は佐賀県の伊万里焼といわれています。

私はこの秋に佐賀県焼き物の旅で有田・伊万里を巡ってきたのですが、そこで魅了されたのがそばちょこだったんですよね!
手のひらにおさまる愛らしい器に描かれる様々な文様。
色々な文様のそばちょこがずらーっと並んでいる棚を見たら、もう心釘づけ!そばちょこを買わずには帰れませんでした。
(伊万里も素敵な場所だったので、ぜひ一度訪れることをおすすめします!)

そして出逢ったのが、この「切り紙 そばちょこ」!
そばちょこを切り紙でつくろうという可愛いアイディアもさることながら、中身の充実度にもそばちょこへの深い愛を感じます。

151202m_02
じゃーん!「切り紙 そばちょこ」の小さい箱の中に、こんなにも色々入っているんです!
切り紙の型紙集は、実在の古伊万里のそばちょこ30種をもとに製作されたもの。
そして、一緒についている160ページもある豆本には、そばちょこの歴史から、各文様の意味や物語が一つ一つ丁寧に描かれています。
300年前から今も受け継がれている文様があって、その文様の物語を読みながら切り紙をする。
器好きな人なら、絶対楽しいです!

151202m_03
切り紙のやり方は、型紙をコピーしたものを用紙の上に貼り付けて切っていきます。
文様は全30種ですが、中には結構難しい文様もあります。
切り紙用紙は100枚ついているので、失敗しても大丈夫!
これをコンプリートした時には、もう達成感がすごいでしょうねー。
あまった切り紙用紙で、自分のオリジナル文様をつくるのも楽しいかも。

151202m_04
出来上がった切り紙を、我が家のそばちょこと並べてみました。
なんかちょっと似てる!!

お正月に家族みんなで、切り紙もおすすめです!
ぜひ、お試しください~。