星のや富士でグランピング

「星のや富士」でおいしいアクティビティに挑戦!

こんにちは、あいぽんです。

昨日に引き続き、「星のや富士」の初グランピングの模様をお届けします。実は私は自他共認める(!?)食いしん坊。もちろん「星のや富士」でもおいしいものをたっぷり食べてきました〜。

「星のや富士」では、グランピングマスターが教えてくれるいろいろなアウトドア体験も楽しみのひとつ。今回は、アウトドアならではの楽しみ「山麓の燻製づくり」に挑戦してみました!

aipon_1012_01

クラウドテラスで燻製作りを体験しました。季節によってはお部屋のテラスでの体験となるそうです。

SONY DSC

机には燻製する食材、燻製器、燻製用のウッドチップなどが用意されています。

aipon_1012_04

今回、燻製にするのはこちら。忍野サーモンというマス、塩で水抜きした豆腐、塩、田舎味噌、ナッツ、山梨産の桃と巨峰のセミドライ。どれも山梨の地元の味覚ばかり。この燻製作り体験には、森の民が土地の恵で育ったおいしい食材をおいしく食べる方法を教えてくれるというコンセプトもあるんです。

aipon_1012_05

森の民に教えてもらいながら、まずは熱燻(ウッドチップの煙でいぶしながら食材に風味付けをしていくもの)という方法で燻製することに。

SONY DSC

今回使ったウッドチップは白州とウォールナッツの 2種類。山梨に工場があるウィスキー「白州」を仕込んだ樽をチップにした白州はまろやかでマイルド味わいが特徴で、オールナッツはよりしっかりした風味が付くのが特徴です。

aipon_1012_07

燻製器の底にウッドチップを置き、その上に網を敷いて具材を置きいぶしていきます。最初は味の変化が分かりやすいというお塩と田舎味噌で。

SONY DSC

数分もすると煙がもくもく出てきて…

aipon_1012_09

開けると!色が変わってる〜!香りも燻製の香りが。味見をしてみると…いぶす前と全然違う!しょっぱさはマイルドになっていて、燻製特有の香りがおいしい。

aipon_1012_010

こちらの大きな燻製器は、温燻用のもの。右の小さな箱に枯れ草を燃やし、その煙でいぶしていきます。今回は、山梨のジビエ、鹿を使ったソーセージでした。じゅっわじゅっわの肉汁にギュッと詰まった肉の旨味、そこに燻製の香りが合わさって野性味ある味わい。このソーセージいくらでも食べられる気がする…。

aipon_1012_011

次々と行きましょう!忍野サーモンとセミドライのフルーツを。白州のウッドチップを使ったので、マイルドながら風味もしっかり付いていて、これは…!お酒が飲みたい!

aipon_1012_00

ということで、スパークリングワインをいただいちゃいました。できたて燻製を食べながら、明るいうちから、大自然の中で、スパークリングワインを飲むなんて、なんて贅沢!まさにグラマラス…!

そもそも「グランピング」っていうと、「手ぶらでキャンプ」というイメージが先行していた私。でも、お話を伺ってみると、「アウトドアにいながらレストランやホテルで過ごすのと変わらない贅沢な過ごし方ができるリゾートスタイル」ということだと教えてもらいました。なるほどー。

これはもう、グランピングに身を委ねて贅沢なひとときを過ごすしかないですね。

 

自然の中で楽しむディナー

おいしい燻製体験をし、グランピングの楽しさを理解し、のんびりおしゃべりをしたり、クラウドテラスをお散歩していたらあっという間にディナーのお時間に。

aipon_1012_013

今夜のディナーは冬限定のメニュー「山麓の鹿しゃぶ鍋」!部屋のテラスのこたつでいただきました。

最近にわかにジビエ流行っていますよね。富士山麓のこの周辺地域では以前から増えすぎた鹿が問題になっており、その対策として作られた設備の整った加工施設が「星のや富士」の近くにはあります。鹿やイノシシなど野生の動物たちは捕獲後に適切な処理をしないと味が左右してしまうのですが、施設が近くにあることや腕のいい猟師さんが獲ってくれることで、「星のや富士」では良質な鹿を味わうことができるのです。

ということで、冬の楽しみが詰まったディナーを早速いただきます!

aipon_1012_014

しゃぶしゃぶの前に、前菜をご紹介。こちらは鹿であまり食べられることのない前足と内臓で作った鹿肉のパテです。ジビエの内蔵というとクセがありそうなイメージでしたが、臭みはまったくなく、濃厚でおいしい!これはワインにも合いますね〜!

aipon_1012_015

ぶどう酢を使った冬野菜のピクルスはお野菜の味も感じられるほどよい酸味でさっぱり。

aipon_1012_016

メインのしゃぶしゃぶ鍋は、鹿のロースともも肉を鹿の骨でとったお出汁でいただきます。お野菜ももちろん富士山麓のもの。タレは、ダイダイのポン酢、春菊のペースト、ナッツのゴマダレの3種類あります。これは、鹿が食べてきたであろう山の食材をヒントに作られたのだそう。

aipon_1012_017

アツアツのお出汁にしゃぶしゃぶしていただくと…!お出汁がすごくおいしい!牛骨とも豚骨とも違う濃厚なおいしさです。鹿肉もまったくと言っていいほど臭みがなく、さっぱりとしています。お野菜も味が濃いので相性抜群。

aipon_1012_018

鹿肉は豚や牛に比べて、高タンパク低カロリー。さらに、女性にはうれしい鉄分やビタミンB2、肉類には珍しいDHAも含まれていてとってもヘルシーなんですよ。

しゃぶしゃぶしてそのまま食べてお出汁の味を楽しむのもいいし、ポン酢でさっぱりもおいしいし、ナッツのゴマダレで濃厚さを加えてもおいしい。個人的には春菊のペーストがツボでした!

aipon_1012_019

夜はかなり冷えるのですが、あったかいこたつに包まれながら、おいしい鹿しゃぶ鍋を食べて、おいしいお酒を嗜んで、体も心もポカポカに。

aipon_1012_020

ディナーのあとは、山梨のフルーツたっぷりのホットワインに冷たいアイスを入れたデザートを。寒い夜のおこたといい、冷たいアイスとあったかいワインといい、冷たい×あったかいって最強…!おなかいっぱいで幸せ〜。

今回はキャビンのテラスでのディナーでしたが、

aipon_1012_021

クラウドテラス内にある、クラウドキッチンではグランピングならではの屋外ディナーが楽しめます。

aipon_1012_022

フロントのお向かいにあるダイニングでは、シェフと一緒にお肉を焼いてメインディッシュを作るディナーも。季節によってメニューも変わりますし、シーンによっていろいろなディナーを楽しむことができますよ。

 

夜はのんびりチルアウトタイム

食事のあとはクラウドテラスやお部屋のテラスでのんびりチルアウト。

aipon_1012_023

クラウドテラスの焚き火が夜はさらにいい感じ。

aipon_1012_024

国産のウィスキーやワインを楽しめる「焚き火BAR」も併設されています。「白州12年」など貴重な銘柄も!21時からは優しい音楽が心地よい「夜の演奏会」も開催されます。

森に優しく響く音楽に包まれながら、ゆらめく炎や夜空を眺めたり、おいしいお酒をちびちび飲みながらおしゃべりをするなんて、最高のひとときじゃないですか。

寒いかな〜と心配だったのですが、貸してくれるリュックにダウンブランケットがあったのでノープロブレムでした。お部屋にはもっと厚手のダウンコートもありますし、長靴や傘も。本当に至れり尽くせりなので、アウトドア初心者の方もご安心を。

12月からは森の中に浮かぶテントから満天の星空を見上げながら、ドリンクやホットドリンクを楽しむ「星降る森の空中テント」というアクティビティもあるそうですよ。

 

忙しい毎日から離れて、のんびり自然の中で過ごす心地よさに身を委ねて、癒された〜。なんだか、いい夢が見れそう!それではおやすみなさい〜

 

  • 星のや富士

  • 〒401-0305 山梨県南都留郡富士河口湖町大石1408
  • 0570-073-066(星のや総合予約)
  • ※ご宿泊者様以外の入館はできません。
  • ※内容は季節によって変更の可能性があります。