松尾たいこさん個展「福馬福鳥」をレポート

越前の土に、たいこさんの感性で命が吹き込まれた作品たち。

こんにちは、シオリです。
先週金曜日から始まった、松尾たいこさんの個展に遊びに行ってきましたので、その様子をレポートしたいと思います!

松尾たいこさんが、福井県で越前の伝統技法「千年色あせないといわれる陶彩技法」と出会い、2014年から始められた「千年陶画」のプロジェクト。越前の土の持つ魅力と、たいこさんの感性が組み合わさって作られる作品たちは、温かみのあるものばかりです。

今回の展示は、その「千年陶画」をはじめとする福井での2年間の創作成果をまとめて披露する機会なんだそう。
どんな展示になっているのか?覗いてみましょう。

松尾たいこさん個展「福馬福鳥」をレポート
展示が開催されているのは、代官山にあるGALLERY SPEAK FOR。ガラス張りが素敵な解放感あるギャラリーです。中へ入って、最初に私を出迎えてくれた作品たちは、こちら。

松尾たいこさん個展「福馬福鳥」をレポート
天の四方の方角を守る神様「四神」でした。
土の色が活かされながらも、ひとつひとつの色がたいこさんのイラストを思わせるやさしい色合いです。
こちらは、神様として絵柄を描くということや一つ一つの釉薬のチョイスに半年程の時間を経て完成した作品なんだとか。

松尾たいこさん個展「福馬福鳥」をレポート
そして、四神の向かいにはこんな展示が!
たいこさんご自身もお気に入りとおっしゃるこちらの壁は、鳥モチーフの「みはてぬ夢が空へ」、馬モチーフの「ともにあゆみ旅へ」、鹿モチーフの「森の奥にたたずむ」の三種類のオーナメントの展示です。壁をキャンバスに一つの世界が出来上がって、絵を見ているようでした。同じモチーフでも釉薬でまた違った質感になっています。その面白さは、ぜひ現地で実感してみて下さい。

松尾たいこさん個展「福馬福鳥」をレポート
越前焼特有の素焼の陶器に絵付けをした作品たち。イラストも一緒に展示されているのは、たいこさんならではですね!

少し階段を上った広いスペースへ進むと、更にたくさんの作品たちが待っていました。
松尾たいこさん個展「福馬福鳥」をレポート
これらは、新しく荒い土にチャレンジして作られた作品なんだそう。カラフルなイラストのイメージがある松尾たいこさんですが、今回展示されている土の色を活かした作品からも、その形や作品の醸し出す雰囲気から、しっかりとたいこさんの“色”が感じられました。

松尾たいこさん個展「福馬福鳥」をレポート
今回の展示タイトルにもなっている「福馬福鳥」もこちらに並んでいましたよ。

松尾たいこさん個展「福馬福鳥」をレポート
それぞれ少しずつ表情が違って面白いです。

松尾たいこさん個展「福馬福鳥」をレポート
こちらは、「干支だるま」を始めとする“だるま”たち!手のひらサイズのたくさんのだるまが並んでいるところはとってもかわいい~。猫のだるまや、ひげのだるまなど、どれもチャーミングな表情をしています。

松尾たいこさん個展「福馬福鳥」をレポート
来年の干支・鳥もいました!私はその隣の隣にいる亥年です。みなさんも自分の干支を探してみて下さい。

今回の展示作品はどれも購入可能ですが、さらに真ん中の大きなテーブルに並べられた作品は、当日持ち帰りが可能なんです。数が限られているので、ときめいたら即決がおすすめです!(すでに完売してしまったものもあるそう)

松尾たいこさん個展「福馬福鳥」をレポート
展示がスタートした当日笑顔で迎えて下さった、たいこさん。
解放感のあるスペースで、ゆったりとたくさんの作品を堪能できる素敵な展示でした。

松尾たいこさんの在廊スケジュールや展示に関する情報は、こちらのfacebookイベントページで更新されていますよ。是非、遊びに行ってみて下さいね~!

    松尾たいこ個展「福馬福鳥」

    開催期間:2016/11/11(金)~2016/11/23(水)
    時間:11:00~19:00(最終日のみ18:00まで)
    休館日:木曜日
    入場料:無料
    会場:GALLERY SPEAK FOR
    東京都渋谷区猿楽町28-2 SPEAK FOR 2F
    電話番号:03-5459-6385
    会場URL:http://www.galleryspeakfor.com/
    詳細URL:http://blog.galleryspeakfor.com/?eid=725