170615mo_00

一度は行ってみたい!素敵な建築の美術館。

こんにちは、箱庭編集部moです。
梅雨も中盤に差し掛かってきた今日この頃。梅雨が明けたら何をしようかな〜と、夏の予定を考え始めたくなる時期ですね。今回はそんなみなさんに、夏に見ていただきたい展覧会をひと足早くご紹介したいと思います。記事後半には素敵なお知らせもありますので、最後までお見逃しなく!

今何かと話題になっているなと感じる滋賀県。今日ご紹介するのはそんな滋賀県の甲賀市信楽町(陶芸が有名なまち…!)にある「MIHO MUSEUM (ミホミュージアム)」で開催予定の夏季特別展です。

170615mo_02
まず、MIHO MUSEUMと言えば、少し前にルイ・ヴィトンがファッションショーを行って話題となった場所。琵琶湖で有名な滋賀県の中でも、市街から離れた深い緑に囲まれた山中にあり、パリの「グラン・ルーブル」や「ガラスのピラミッド」を手がけた建築家・I.M.ペイが設計した素敵な建築が魅力的な美術館です。

170615mo_03
トンネルから延びる橋の向こうに美術館の建物があります。何とも素敵な景色ですよね!

170615mo_08
建物の中へ一歩踏み入れると、また別の空間が広がっています。周りの眺望と建築が組み合わさって、大自然と同化しているような感覚が味わえるんだとか。

そんな、一度は訪れてみたい美術館・MIHO MUSEUMで、8月1日(火)〜9月3日(日)に開催されるのが、夏季特別展「雪村 ―奇想の誕生」です。

日本絵画史上初めて誕生した「奇想の画家」の過去最大規模の回顧展

170615mo_04

呂洞賓図(りょどうひんず) 重要文化財 一幅 大和文華館蔵 展示:8/1~20

「雪村(せっそん)」とは、室町時代後期から戦国時代にかけて、東国で活躍した画僧。雪村が生きた時代、画は中国画を手本にするのが当然でしたが、雪村の描く人物画や山水画は、伝統的な様式をはみ出して、破天荒でドラマティックなものが多く、「奇想」と評されています。またそれと対照的に、動植物を題材にした作品は、写実的で生き物に対する慈しみや、細やかな感性が感じられ、変幻自在ともいえる作風を持っています。

本展覧会は、海外からの里帰り作品を含む雪村の主要作品約80件に、雪村から大きな影響を受けた後代の関連作品約30件を加えた、過去最大規模の回顧展となります。

序章から第6章まで、見所が盛りだくさん。知られざる戦国の画僧・雪村の魅力がつまったこの展覧会の内容を少しだけご紹介したいと思います。

雪村が描く、ドラマティックな山水画

本展覧会では、雪村の絵画と出会いから、五十歳頃からの関東各地を遊歴での独創的な表現、六十歳代半ばからの傑作の数々、そして八十歳代後半までと、雪村の生涯を通じての多様な絵画を見ることができます。

170615mo_05

琴高仙人・群仙図(きんこうせんにん・ぐんせんず) 重要文化財 三幅 京都国立博物館蔵 展示:8/1-13

雪村の、力強く独創的な画風が確立した50歳代半ば頃の絵画。どこか破天荒でドラマティックな作品に目を奪われます。

繊細な描写で描かれる、身近なものへのまなざし

170615mo_06

猫小禽図(ねこしょうきんず) 一幅 個人蔵 展示:8/15-9/3

170615mo_07

蔬果図(そかず)一幅 福島県立博物館蔵 展示:8/15-9/3

ドラマティックな作品とは対照的に、身近な動植物を題材にした作品も数多く残されています。写実的で繊細に描かれた作品からは、鋭い観察眼に根ざした独自の表現が見られます。
画風の異なる作品が一挙に楽しめるのも、このような大規模な展覧会ならではです。

このほか、86歳で没するまで衰えることのない筆力で描かれた作品が約80点展示された、見ごたえのある展覧会となっています。素敵な空間で見る貴重な作品たちは、夏の思い出になること間違いなしです!

また、MIHO MUSEUM 開館20 周年記念特別企画「永遠の至福を求めて」も同時開催中。夏に関西にお出かけ予定の方はぜひ足を運んでみては?

そして、最後にみなさんに嬉しいお知らせです!

箱庭読者5組10名様に、夏季特別展 「雪村 ―奇想の誕生」ご招待券をプレゼントします!

ぜひこの機会にご応募下さいね。お近くの方はもちろん、遠くの方でもこれをきっかけに夏の旅を計画してみてもGOOD!ご応募は、一番最後にあるプレゼントページリンクからどうぞ。

    夏季特別展「雪村―奇想の誕生」

    開催期間: 2017 年(平成29 年)8 月1 日(火)~ 9 月3 日(日)
    同時開催:開館20 周年記念特別企画「永遠の至福を求めて」
    会場: MIHO MUSEUM
    住所:〒529-1814 滋賀県甲賀市信楽町田代桃谷300
    開館時間:午前10 時~午後5 時 【入館は午後4時まで】
    休館日:毎月曜日
    入館料:一般1,100 円、高・大生800 円、小・中生300 円
    【20 名以上の団体は各200 円割引】
    Tel:0748-82-3411
    Fax:0748-82-3414
    URL:http://miho.jp

    ご招待券 読者プレゼント

    夏季特別展 「雪村 ―奇想の誕生」ご招待券を5組10名さまにプレゼント!
    (このチケットで館内のすべての展示をご覧いただけます)
    こちらのプレゼント応募ページより、必要事項をご記入の上ご応募下さい。
    ◆応募締切:6/26(月)
    ※当選は、チケットの発送をもってかえさせていただきます。(チケット発送予定:6/30頃)