1806myoji

こんにちは、箱庭キュレーターのカナコです。
突然ですが、皆さんは自分の苗字はお好きですか?珍しい苗字ならともかく、平凡な苗字ほど愛着は薄くなってしまうかもしれません。
今日は、そんな苗字への愛がきっと深まるステキなアイテムを見つけたのでご紹介します。

伝統工芸和紙を使用! 苗字をモチーフにしたキュートな封筒

1806myoji

いろいろな苗字が可愛くデザインされた、その名も「苗字封筒」
モダンなデザインばかりで、ぱっと見ただけではどこに苗字要素があるか分からないのもいいところ。一つ一つじっくり眺めたくなるんです。「サトウさん」「スズキさん」「タカハシさん」「ナカムラさん」など、定番の苗字が20種展開されています。

それでは、特に気になったものをいくつかご紹介していきますね。

1806myoji
まずは「イノウエ」さん。漢字がまるで記号のようにポップなものになっています。上向きの矢印とビタミンカラーの黄色で、見ているだけで元気になれそう!

1806myoji
「カトウ」さんは、ストレートに表現されていますが、インパクトは抜群です。

1806myoji
「キムラ」さんは、なんだか風呂敷の模様や漫画の効果音のように見えませんか?
ただ苗字が並んでいるだけですが、こんなにオシャレになるんですね。

1806myoji
つづいては何という苗字でしょうか?
イラスト「まつ」とひらがな「もと」の組み合わせで「マツモト」さんになっています。
一見しただけでは気づきにくいですが、じっくり見ると納得できる、1つで2度楽しめるデザインですよ!

1806myoji
こちらはかなり難易度高め。何と読むのでしょうか?
木に鈴がなっているようですね…答えは、全国で2番目に多いと言われている「スズキ」さんです。贈る側も、貰う側も、気がつけばハッピーになれそうですね!

これらの「苗字封筒」に使われているのは、江戸時代から続く富山市の伝統工芸「八尾和紙」。作っているのは、民芸ファンから高い人気を誇る「桂樹舎」さん(http://keijusha.com/)です。歴史ある素材によって特別感がぐっと増しますよね。

自分の苗字がない!という方にも朗報です

1806myoji
「苗字封筒」はお札がちょうど入る洋封筒サイズ。使い勝手が良く、重宝すること間違いなしです。
自分のパーソナルアイテムとして普段使いするのも良し、誰かにプレゼントすればきっと喜んでもらえるはず。話のネタにもなって盛り上がりそうですね〜。

そしてなんと現在、発売されていない苗字の封筒化をはかるキャンペーン(http://www.kokokashiko.jp/shop/contact_us.html)を実施中。少ないロット数だと費用がかさんでしまうため、希望者が100人エントリーしたら苗字を封筒化し、共同購入しようというものです。
苗字封筒になっていない名前のみなさんもチャンスですよ!ぜひチェックしてみてくださいね〜。