190206s_00
こんにちは、シオリです。
みなさん、フォトブックサービスを使ったことはありますか?撮りためた写真をデータのままにしているなんて、もったいない!手に取れる“かたち”にすると、いろんな発見があるんです。

今日は、先日新しいアプリが登場したフォトブックサービス「Photoback(フォトバック)」で、実際に作ったいろんな作品をご紹介しながら、フォトブックの魅力をお伝えしたいと思います。

フォトブックサービス「Photoback」とは?

フォトバック
Photobackは、会員数50万人を誇る、『だれでもカンタンにデザイン性の高い“こだわりの本”がつくれる』フォトブック作成サービス。2004年に登場し、サイズやタイプは選べる7種類を展開。フォトブックのサービスはたくさんあるなか、ラインナップの多さやクオリティの高さで人気を集めています。

アプリがリニューアル!もっと気軽に簡単に写真集を作ろう。

190206s_26
そんなPhotobackから、先日新しいアプリが登場!おしゃれで高品質なフォトブックが、スマートフォンのアプリで簡単につくれるんです。アプリで作れるのは、全7種類のうちROUGH、ALBUM、POCKETの3タイプ。写真と文字をレイアウトして注文すると、印刷・製本されたものが1週間から10日前後で手元に届きますよ。

190206s_27
アプリだと、PC環境がなくともサクッと作ることができちゃうのが魅力。電車の中や旅先のカフェなどで、手軽にフォトブックづくりが楽しめるんです。

旅の帰り道、待ち時間を使ってフォトブックを注文するのがオススメ!

そんなアプリの使い方でオススメなのが、旅行の帰り道でフォトブックを注文するということ!飛行機の待ちの時間や、新幹線の中で作成することができるので、旅を楽しんだ気持ちがフレッシュなままフォトブックにできるんです。
190206s_15
私も実際に作ってみました!台湾旅行を一冊にまとめた、旅の写真集。「ROUGH(ラフ)」という、たて写真、よこ写真どちらでも最適なバランスに配置できる正方形のタイプを選んでみました。

表紙は一番お気に入りの写真を選び、シンプルに「TAIWAN」とタイトルを入れてみましたよ。フォントや文字サイズも選べるので、いろいろ試して好みのデザインにすることができます。

190206s_16
中身は、直感でシンプルに写真を配置していっただけなのに、なんだかおしゃれにまとまりました!ROUGHは、合紙製本なので見開きがフラットになるのも魅力です。

190206s_17
紙の質感もマットなので、色味も落ち着いていて、いい感じ。

190206s_18
ましかくのテンプレートがあるので、インスタグラムのようなスクエア写真をそのまま落とし込むだけで素敵に仕上がります。

190206s_19
旅では、感動的な絶景との出会いがありますよね。そんな写真もドーンと見開きを使えば、この通り。その時の感動がよみがえります!

190206s_20
素敵な建築の写真も、見開きを使って大きくレイアウトすることでインパクトが出ます。スマホ画面で気軽に見る写真もいいけれど、こうして大きくプリントすると、また違った魅力を発見できますよ。

旅の帰り道、ちょっと退屈だなと思ってしまう時間を有効活用できるのは魅力的ですよね。事前にアプリをインストールしておけば、さらにスムーズに作れます!

まだまだ使える!こんな写真集はいかが?

旅のアルバムは定番の使い道ですが、それだけではありません!写真を手軽に手に取れる“かたち”に残すことができるということを利用すれば、もっといろんな使い道が。実際の作品をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

自分だけのコレクションの記録に

190206s_07
こちらは、山で見た景色をハンカチに仕立ててゆくプロジェクト「MOUNTAIN COLLECTOR」のデザイナー・鈴木優香さんの作品。2018年に行ったネパールトレッキングのお土産コレクションが一冊にまとめられているんです。ポケットに入れて持ち歩けるL判サイズの「POCKET(ポケット)」。このサイズ感がかわいい〜!

190206s_08
まず表紙のかわいさに心掴まれます!ネパールのお土産屋さんで、色々なデザインのワッペンが並んでいる様子がかわいかったので、その雰囲気を思い出して写真を選んでみたのだそう。1枚の写真をカバー全体に配置するのも素敵ですね。

190206s_12
190206s_10
190206s_14
ページをめくると、1ページにひとつずつ、個性ある可愛らしいお土産たちが並んでいます。お土産は旅から帰ってきた後、ひとつずつ撮影したんだとか。モノ自体がかわいいので文字はあまり入れず、最後にキャプションのページを設けているそう。お土産の魅力が引き立ちます!

190206s_11
同じ背景と俯瞰のアングルに統一されているから、フォトブック全体がまとまって見えるのもさすがです!コレクション感が増しますね。

190206s_13
こちらのPOCKETも、一枚紙に印刷する合紙製本。ページがめくりやすく、しっかりとした作りになっています。

190206s_09
人にあげてしまって手元に残らないものも多いお土産も、こうして写真で残しておけば自分の思い出として保存しておけますね。このお土産コレクション写真集を見ながら、友人や家族とお土産話に花を咲かせてもいいかもしれません…!

お土産にかかわらず、何かコレクションがある方は、それをまとめる一冊を作ってみてはいかがでしょうか?自慢のコレクションを愛でる楽しみが、また一つ広がるはずです!

愛するペットとの日々の記録に

190206s_21
旅の写真と同様に、スマホのカメラロールにたまっているのがペットの写真!せっかくかわいいペットなのだから、手軽に一冊にまとめて癒しの写真集を作りましょう。一緒に過ごすのが当たり前になっている毎日も、愛おしく思えるはずです。

私も、しじみという名前の猫を飼っています。今回、CDサイズの「ALBUM(アルバム)」タイプを使用して写真集を作ってみました。

190206s_22
窓辺で日向ぼっこが大好きなので、その写真を1枚目に。スマホで何気なく撮影した写真ですが、こうして本になると素敵に見えるから不思議です!

190206s_23
190206s_24
猫を飼っている方ならお分かりかと思いますが、突然不思議な行動をとるんですよね。そんな、クスッと笑える写真も入れてみました。文字を入れることも簡単にできるので、写真に一言だけ添えてみても面白いですよ!

こうして見てみると、やっぱりかわいいな〜と親バカながら思ってしまいます(笑)。いたずらすることもあるし、世話が大変だなと思うこともあるけれど、一緒に過ごせる日々は貴重だな〜と改めて感じる良い機会にもなりました。

作品や制作風景を載せた「ポートフォリオ」としても。

クリエイターの方は、お仕事や個展の際に自分の作品集を見せる機会があるのではないでしょうか。そんな時にも、フォトブックサービスを使えば手軽にポートフォリオを作ることができるんです。

190206s_01
こちらは、金工作家でありお菓子作家でもある、川地あや香さん作成のフォトブックです。
川地さんは、金工作品とお菓子を、生活している中から生み出していくような制作スタイル。作品がメインでありつつも、その背景になるような日常や、作品のある日々も感じられるように、いろんな写真を組み合わせて一冊にまとめてみたそう。

このフォトブックは、A5判サイズに帯が付いた「LIFE(ライフ)」。帯には表紙の画像が入り、まるで本屋さんに売っている本のような佇まいです。ページ数も最大120ページまで選択できるので、たっぷりと写真を入れることができます。

ちなみに、こちらのLIFEはPCからのみ作成できるフォトブックになっています。細かくレイアウトしたい作品や、多めのページ数でよりこだわりたい場合にはPCでの作成もおすすめなんです。

190206s_02
表紙をめくると、かわいいクッキー缶の写真からスタート。

190206s_03
川地さんの作品と、日常の中で使われている光景がとっても素敵。シンプルに入れられた作品のクレジットも、絶妙なバランスです。

190206s_05
写真はご自身で一眼レフカメラを使って撮影されたものだそうですが、その空気感に惹き込まれます。

190206s_04
ページをめくっていくと、写真と一緒に川地さんによる手書き文字が組み合わされたページが!これは、手書き文字の部分をひとつの画像データにして入れ込んでいるのだそう。

普段から手書きをすることが多く、また仕事の中でご自身のHPにアップしている手書きの日記も大きな割合を占めているという川地さん。それも作品の一部のような感覚があり、自然と手書きの文字をフォトブックに落とし込んだそうです。

190206s_06
しなやかなソフトカバーと、ページをめくりやすい書籍用紙を使用しているLIFE は、ページ数が多くても次々読み進めやすいです。また、しっかりした製本だから、個展で置いておけばお客さんにもひとつの作品として楽しんでもらえそう。

データ管理の現代だと写真も無制限に撮ってしまっていまいがちですが、フォトブックのページ数を決めると、真剣に写真を取捨選択しなければいけないので「本当に大事にしたいものってなんだろう」と考えさせられたという川地さん。

どんな順番にしたいのか、どの写真をより大事にしたいのか、などを考えることで自然と「わたしは今これを中心にやっていったらいいんだ」ということに客観的に向き合うきっかけにもなったそうです。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *  *

盛りだくさんでご紹介してきましたが、フォトブックの魅力は伝わりましたでしょうか?スマホやカメラで写真をたくさん撮る今だからこそ、厳選した写真をフォトブックにまとめることは、その作業自体が思考の刺激になりそう!

Photoback新アプリのリリース記念キャンペーンも見逃せない!

さらに今だけ!Photobackの新アプリ「Photoback for App」のリリースを記念して、お得にフォトブックを作れるキャンペーンが開催中。2019年3月31日まで、アプリからのご注文なら【1,000円OFF】で作成できるそうです。ちょうど卒業や異動など、節目の時期でもあるのでギフト用にも良いかもしれませんね!

様々な楽しみ方ができるフォトブック。ぜひこの機会に、いつもの生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

    フォトブックサービス「Photoback」

    https://www.photoback.jp/

    「Photoback」アプリ

    iOS:https://www.photoback.jp/r/pbioshakoniwa
    Android:https://www.photoback.jp/r/pbandroidhakoniwa

    新アプリ「Photoback for App」リリース記念キャンペーン
    期間:2019年3月13日(木)〜3月31日(日)
    内容:新アプリ「Photoback for App」からのご注文で【1,000円OFF】。
    https://www.photoback.jp/r/haconiwa1903

    ◆フォトブック制作
    ・鈴木優香
    東京藝術大学大学院美術研究科デザイン専攻修了。アウトドアメーカーの商品企画部を経て独立。
    2016年、山で見た景色をハンカチに仕立ててゆくプロジェクト「MOUNTAIN COLLECTOR」をスタート。登山とテキスタイルの制作を繰り返しながら自身の山行記録を綴る。
    www.mountaincollector.com

    ・川地あや香
    金工作家/菓子制作家。
    山形県に住んでいる金工作家です。カワチ製菓という名で、お菓子の制作家もやっております。
    http://www.kawachiayaka.com/