DESIGN クリエイティブなモノ・コト

その日のひらめきを日記のように記録する。グラフィックデザイナー髙田唯さんがInstagramで展開する「一日一花」に注目!

その日のひらめきを日記のように記録する。グラフィックデザイナー髙田唯さんがInstagramで展開する「一日一花」に注目!

こんにちは、シオリです。
今日ご紹介するのは、毎日見るのが楽しくなるInstagramアカウントです。グラフィックデザイナーの髙田唯さんが、お花の画像をアップしていく「一日一花」。今回、このアカウントを始めた理由や制作のこだわりを、髙田さんにお伺いしてみました。

3Dでデザインされる、ユニークなお花たち。

まずは、「一日一花」にアップされている素敵なお花の数々をご覧ください。立体感のある3Dのお花は、プラスチックのような質感だったり、ふわっと宙に浮いているように見えたりと、不思議なものが並んでいます。

2004_takadayui_01

2004_takadayui_02

2004_takadayui_03

2004_takadayui_04

2004_takadayui_05

2004_takadayui_06

2004_takadayui_07

2004_takadayui_08

2004_takadayui_09

2004_takadayui_10

2004_takadayui_11

描かれているのは、実際にあるチューリップやパンジーなどのお花に見えるものから、髙田さんによって生み出された全くオリジナルのお花まで多種多様。なかには「これもお花なの?!」というようなユニークなデザインもありますが、その発想はどこからくるのでしょうか?

髙田さん曰く、一つは日常生活や社会的なこと、SNSで得た情報など、身の回りのことから自分がその時にキャッチした要素を落とし込んでいるそうですが、シンプルに街中で見る花や、お花屋さんに並んでいる季節の花を表現することもあるそうです。

これだけ色んなデザインが並んでいると、次はどんなお花がアップされるのかな?とワクワクしてしまいますよね!

「“表現者としての自分”をもう少し大切にしたい」という気持ちからたどり着いた表現。

そんな「一日一花」は、どのようにして始まったのでしょうか?様々ことが重なって生まれたものだそうですが、タイミングとしては2019年に北京で開催する個展が決まったときだったそう。

2004_takadayui_12
北京での個展「一花一日 A FLOWER A DAY」ビジュアル

デザインの仕事を始めてから、まず相手の要望を第一に考えてきたという髙田さん。時に相手の意見を尊重しすぎることもあり、そこも含めて面白いと感じていたそうですが、少し仕事に疲れてしまっていた時期だったんだとか。そんな日々のなか、個展で展示する作品について考えた時、「“表現者としての自分”をもう少し大切にしたい」という気持ちが湧いてきたそう。

その時、自分の凝り固まった表現の幅がもう少し広がらないものかとパソコンを弄っていると出くわしたのが、この3Dの表現。そこに、自分の生活に何気なく彩りを添えてくれている“花”を掛け合わせて、「一日一花」のお花が生まれたんだとか。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
北京での個展「A FLOWER A DAY」フライヤー

ちなみに、髙田さんのご実家には必ず花が飾られていて、実家を離れた時に初めて花があたえてくれていた豊かな景色に気づいたそう。それからは日々、季節の花・植物に意識が向くようになり、今は自宅やオフィスにも飾っているそうです。

「3Dのお花」という縛りの中に、グラフィックデザインの無限を記録。

一日一花
そうして生まれた「一日一花」のお花たち。見れば見るほど、「これは何だろう?」とか「これをお花にできるんだ!」という思考の刺激になるものばかり。そんなユニークなデザインを生み出す際のこだわりを、髙田さんに伺ってみました。


・続けてみること
・とにかく自分が「良い!」「面白い!」って純粋に思えること
・自己表現の少しでも先に行こうとすること
・日記のようにその日の何気ない(けれど何か引っかかる)要素を拾い上げること
・ひらめきをすぐ表現すること
・気軽に、気ままにやること


日々のひらめきの記録を、日記のように気軽に、でもしっかりと向上心を持って続けていく。一見簡単なようで、難しいことかもしれません。また、印象的だったのは、「“3Dのお花”という縛りの中にグラフィックデザインの無限を記録しておきたい」という髙田さんの言葉。普段のお仕事でも、その場その場で思いついたことをトライしてみる“小さな実験”を繰り返しているそうですが、このお花の表現では、それをより発散/発揮させて、数十年後、数百年後、いつか誰かのヒントになると良いなと考えているそうです。

単純に見ていて楽しいお花たちですが、そこに込められているのはデザインの可能性。デザインに関わる方はもちろん、それ以外の方にとっても刺激になるのではないでしょうか。

みなさんも、生活にお花を取り入れてみては?

一日一花 髙田唯
こちらの「一日一花」は、B4サイズのポスターにしたものを、毎週日曜日の10〜18時限定でオンラインストアにて販売しています。毎回新しいお花が数本ずつ入荷されるそうで、なんだかお花屋さんのようですよね!

そして、髙田唯さんは今回ご紹介した「一日一花」で「東京TDC賞」を受賞しており、4月3日(金)※から銀座で開催される「TDC展2020」にて一部作品が展示されます。気になった方は、ぜひ足を運んでみてください。

※日程変更の可能性あり

一日一花
Instagram:https://www.instagram.com/_yui_takada_03/
Allright Store:https://allright-omise.com/ ※「一日一花」は毎週日曜日の10〜18時のみ販売

TDC展 2020
会期:2020年4月3日(金)〜4月28日(火) ※日程変更の可能性あり
会場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg)
時間:11:00-19:00 日曜・祝日休館/入場無料
住所:東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F/B1F
Tel:03-3571-5206
https://tokyotypedirectorsclub.org/news/tdc2020/

EXHIBITION

いまオススメの展示・イベント

//*---- ▼ ここからSNS ----*// WEAR_ロゴ OMIYAGE CLIP H A C O N I W R E T S