EXHIBITION いまオススメの展示・イベント

今週末行きたいイベント10選 in 関西 8月29日(土)~9月6日(日)

今週末行きたいイベント10選 in 関西 8月29日(土)~9月6日(日)

こんにちはhaconiwa編集部です。
関西開催の気になるイベントをピックアップしました。8月29日(土)~9月6日(日)の2週分です。

※入場の際の決まりごと、事前チケット制、人数制限の導入など、各会場での注意事項を設けているイベントが多々あります。必ず各イベントのWEBサイトにて事前にご確認ください。

日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 —天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女—

200829kansai_01
名作アニメの物語世界を形作ってきた山本二三氏の絵の魅力に迫る
建築と絵画を学んだのち、アニメーションの美術監督として、数多くの話題作、名作に携わっている山本二三氏。宮崎駿監督の『天空の城ラピュタ』や『もののけ姫』、細田守監督の『時をかける少女』などの美術監督を務めた、日本を代表するアニメーションの背景画家・美術監督の1人です。物語の舞台を丹念に取材、構想し、実在しない空間の温度や空気感までも描き上げる緻密な仕事は国内外で高い評価を受けています。本展では、作者自らが選んだアニメーションに用いられた手描きの背景画、その前段のスケッチ、イメージボードの他、故郷である長崎・五島列島を描くライフワーク『五島百景』など、初期作品から最新作まで約200点が展示されます。情感溢れる物語世界を生み出す山本氏の絵の魅力がたっぷり詰まっていますよ。

日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展 —天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女—
開催日:2020年7月18日(土)〜2020年9月13日(日)
休館日:月曜
開催時間:10:00〜17:00 ※最終入場は閉館の30分前まで
開催場所・会場:丹波市立植野記念美術館
兵庫県丹波市氷上町西中615-4
入場料:一般800円、大学・高校400円、中・小学生200円
URL:https://www.city.tamba.lg.jp/site/bijyutukan/nizou.html

世界の美しき布や暮らしの道具

200829kansai_02
アフリカやアジアの手仕事が集結
工芸品とそこにまつわる人生の物語を収録した書籍『世界を歩く、手工芸の旅』が紙面を飛び超え、実際に体感できるポップアップショップとして出現します。
本書で紹介された各国の手仕事アイテムが4回に渡って展開される、スペシャルな企画。
記念すべき第一回となる今回は「世界の美しき布や暮らしの道具」がテーマです。お家時間に彩を添えるアフリカやアジアのアイテムが並びますよ〜。

世界の美しき布や暮らしの道具
開催日:2020年8月28日(金)〜2020年9月1日(火)
開催時間:12:00〜19:00 ※初日は20:00まで
開催場所・会場:SAA
大阪府大阪市西区江戸堀1-16-32 E-BUILDING 1F
入場料:無料
URL:https://www.saa-studio.com/posts/9399944?categoryIds=163211

DELTA Experiment

200829kansai_03
大阪発。ギャラリーとコレクター、アートファンを繋ぐ新しい「場」の創造
新型コロナウィルスの世界的な感染拡大は、アートビジネスにも大きな影響を及ぼし、世界的なアートフェアの多くは開催中止を余儀無くされたほか、展覧会もままならない状況が続き、ギャラリーやアーティストの活動にも影響しています。
そのような中、大阪においては先鋭的かつ新しい感性を持った動きがまだまだ不足していることに着目。既存のアートフェアとは異なる視点を持って、ギャラリーとコレクター、アートファンを繋ぐ新しい「場」の創造を試みます。出展ギャラリーは、東京、大阪、京都で先鋭的な企画展やアーティストを発信している7軒に厳選し、 実際の会場でも、オンラインでもアートを楽しめる状況を生み出しました。新たなアートの楽しみ方を体験してみてくださいね。

DELTA Experiment
開催日:2020年8月28日(金)〜2020年8月30日(日)
開催時間:28日(金)15:00〜19:00、29日(土)12:00〜19:00、30日(日)12:00〜18:00
開催場所・会場:TEZUKAYAMA GALLERY
大阪府大阪市西区南堀江1-19-27 山崎ビル2F
入場料:無料
URL:https://dmoarts.com/exhibition/

HELLO AYA CHAN x kijili 合同展 「NEWNEWMEME」

200829kansai_04
HELLO AYA CHANとkijiliのコラボ展
独特な色合わせのプラスチックアクセサリーとイラストを描く「HELLO AYA CHAN」。そして、和裁を5年経験したのち古着好きが高じてvintage t-shirtを中心にリメイク服をつくる「kijili」。2人の合同展をお見逃しなく〜。

HELLO AYA CHAN x kijili 合同展 「NEWNEWMEME」
開催日:2020年8月22日(土)〜2020年9月6日(日)
開催時間:13:00〜19:00
休館日:水曜
開催場所・会場:Chika No Akichi
大阪府大阪市中央区淡路町1-1-4
入場料:無料
URL:https://new-pure-plus.tumblr.com/chikanoakichi

活版夏まつり

200829kansai_05
活版印刷尽くしの夏まつり!
独特の紙の凹凸、なんとも言えない手作り感に、人間の手のあたたかみを感じる「活版印刷」。
そんな活版印刷の魅力をご紹介する「活版夏まつり」が開催されます。活版印刷アイテムの展示・販売など気になるコンテンツが盛りだくさん。いろいろな活版印刷に触れて、楽しい気分になってみましょう〜。

活版夏まつり
開催日:2020年8月17日(月)〜2020年8月31日(月)
定休日:水・木曜
開催時間:13:00〜18:00
開催場所・会場:店と催し 雨露(文と編集の杜内)
京都府京都市左京区聖護院山王町18 メタボ岡崎106
入場料:無料
URL:http://bhnomori.com/shopevent/2888/

unpis × 大津萌乃 二人展「DANCE」

200829kansai_06
ダンスをテーマに、2人のイラストを展示
ニュートラルな線とかたちが魅力的なイラストレーターのunpisさんと、先日ご紹介した大津萌乃さんによる二人展。
ダンスをテーマにしたイラストレーションが並びます。
ぜひ足を運んでみてください〜。

unpis × 大津萌乃 二人展「DANCE」
開催日:2020年8月21日(金)〜2020年9月1日(火)
定休日:水・木曜
開催時間:平日 15:00〜21:00、土日祝 12:00〜19:00
開催場所・会場:POL
大阪府大阪市中央区谷町6-18-29 2F / カレー屋”アララギ”上
入場料:無料
URL:http://pol2020.jp/unpisootsudance/

清永安雄 写真展「REAL」

200829kansai_07
清永安雄氏による、独自の技法で写真プリントに流木を組み合わせた作品たち
写真家・清永安雄氏の個展が開催されます。
人間の生活にかかせない樹木を、夜にライティングして撮影。実物に会った時の感覚は無くなってしまったプリントされた樹木に、枯れ枝を接着し、枯れ枝に生命を与えるために着色しています。作家と樹木の距離が縮められ、価値が生まれた作品を会場でご覧ください。

清永安雄 写真展「REAL」
開催日:2020年8月18日(火)〜2020年10月18日(日)
開催時間:11:00〜18:00
開催場所・会場:京都写真美術館 ギャラリー・ジャパネスク 1F展示室
京都府京都市東山区堀池町374-2
入場料:無料
URL:https://kyoto-muse.jp/exhibition/114302

Exhibition of the Artists living at this moment 2020

200829kansai_08
アートを「ワクチン」として、世の中が盛り上がるきっかけに
新型コロナウイルスによる影響で、展覧会やイベントの中止が相次ぎ、ダメージを負った作家が多くいます。本展は、京都市文化芸術活動緊急奨励金を受け、作家の今後の活動の応援のために作品の即時販売型の展覧会です。アートがワクチンのような役割になり、世の中を盛り上げられるよう、作家が中心となり、ギャラリー、グループ、京都市、そして、鑑賞者が作品を通して交流できる場を目指します。100人を越す作家の「100 のワクチン」を見てみてくださいね!

Exhibition of the Artists living at this moment 2020
開催日:2020年8月4日(火)〜2020年8月30日(日)
休館日:月曜
開催時間:12:00〜19:00 ※最終日は15:00まで
開催場所・会場:コラージュプリュス
京都府京都市中京区三条通御幸町東入弁慶石町56 1928ビル2F
入場料:無料
URL:https://www.dohjidai.com/gallery/exhibition/exhibition-of-the-artists-living-at-this-moment-2020/

漂えど沈まず ラバー・ダック〜Fluctuat nec mergitur〜

200829kansai_09
かわいい巨大なアヒルと共に、水辺で心穏やかなひとときを
「水都大阪2009」で日本に初お目見えしたかわいくて巨大なアヒル「ラバー・ダック」が、大川に舞い戻りました。
水の都と呼ばれる大阪は、パリと同じように、舟運に育てられた街です。「漂えど沈まず ラバー・ダック~Fluctuat nec mergitur~」というタイトルは、どんなに揺さぶられ、漂っているだけのようでも、船が沈みさえしなければ、必ず復活できる、というパリのセーヌ川で活躍した船乗りたちの標語から名付けられました。
新型コロナウイルスの影響で、川を行き交う船も激減し、水辺の賑わいも少なくなりましたが、ぷかぷか浮かぶアヒルと共に、水辺で安らぎのひとときを過ごしてみませんか。

漂えど沈まず ラバー・ダック〜Fluctuat nec mergitur〜
開催日:2020年8月1日(土)〜2020年8月31日(月)
開催場所・会場:天満橋・八軒家浜
大阪府大阪市中央区天満橋京町1-1
入場料:無料
URL:https://www.suito-osaka.jp/event/entry_detail.php?id=411

移動する写真 鷲尾和彦『Station』(夕書房)刊行記念展

200829kansai_10
写真家・鷲尾和彦さんが捉えた、不安や希望を抱えながら「移動」を続ける人々
写真家・鷲尾和彦さんの6年ぶりの新作写真集『Station』の刊行を記念した、モノクロームプリントの展示です。
鷲尾さんが本作で捉えたのは、自国を逃れてヨーロッパへ向かう、中東やアジアの「難民」たち。不安や希望を抱えながら「移動」を続ける1人ひとりの表情に表れる人生に思いを馳せるうちに、きっと見る者は自然と自分の人生と重ね合わせてしまうでしょう。
『Station』の人々が駅から駅へと移動したように、写真と写真の中の人たちが全国の街の本屋さんやギャラリーなど人々が行き交う小さな「駅」に停まりながら、どこまでも移動していくような連続写真展、2駅目の開催です。

移動する写真 鷲尾和彦『Station』(夕書房)刊行記念展
開催日:2020年9月1日(火)〜2020年9月15日(火)
開催時間:10:00〜20:00 ※最終日・イベント開催時は18:00まで
開催場所・会場:誠光社
京都府京都市上京区中町通丸太町上ル俵屋町437
入場料:無料
URL:https://www.seikosha-books.com/event/5551

気になるイベントは見つかりましたか?
どこに行っても楽しめること間違いなしです。
よい週末をお過ごしください〜。

◆メインビジュアル
llustration & Design:岡口房雄(WEB,Instagram
グラフィックデザイナー。東京都在住のフリーランス。ロゴや展覧会が好き。
著書「わくわくロゴワーク」をBNN新社より刊行。

NEWS 最新記事

EXHIBITION

いまオススメの展示・イベント

//*---- ▼ ここからSNS ----*// WEAR_ロゴ OMIYAGE CLIP H A C O N I W R E T S