EXHIBITION いまオススメの展示・イベント

今週末行きたいイベント9選 in 関西 3月13日(土)~3月21日(日)

今週末行きたいイベント9選 in 関西 3月13日(土)~3月21日(日)

こんにちは、haconiwa編集部です。
今週も、気になるイベントがたくさん開催されますよ〜!
関西で開催される、3月13日(土)~3月21日(日)の2週間分のイベントをお届けします。

※入場の際の決まりごと、事前チケット制、人数制限の導入など、各会場での注意事項を設けているイベントが多々あります。必ず各イベントのWEBサイトにて事前にご確認ください。

特別展「黒田泰蔵」


今週末行きたいイベント8選 in 関西 3月13日(土)~3月21日(日)

作家・黒田泰蔵の、白磁作品約60点を堪能できる特別展
静謐な白磁の造形で世界的に知られている作家・黒田泰蔵。黒田の白磁作品は、薄く緊張感のある輪郭線をもちながら、表面には柔らかく美しい弧を描く轆轤目が見られ、見る者にそれぞれの作品の確かな存在感を印象づけます。
本展では、イセ文化基金所蔵品と大阪市立東洋陶磁美術館所蔵品を中心に、黒田泰蔵の白磁作品約60点を展示。梅瓶を意識した作品から、轆轤の回転運動をそのままに、直線と円とで構成される「円筒」まで、作家を代表する造形によって黒田泰蔵の世界をご覧いただけます。

特別展「黒田泰蔵」
開催日:2020年11月21日(土)〜2021年7月25日(日)
休館日:月曜日
開催時間:9:30〜17:00
※入場は閉館の30分前まで
開催場所・会場:大阪市立東洋陶磁美術館
大阪市北区中之島1-1-26
入場料:一般1,400円、高校・大学生700円
URL:http://www.moco.or.jp/exhibition/current/?e=565

生誕180年 ルノワール展


今週末行きたいイベント8選 in 関西 3月13日(土)~3月21日(日)

ルノワールの生誕180年を記念した、山王美術館コレクションによる回顧展
印象派を代表する画家・ピエール=オーギュスト・ルノワール(1841‐1919)。描くことを楽しみ、人生の悦びとし、生きる喜びと、幸福に満ちた絵画を描きつづけた画家ルノワールの生誕180年を記念し、山王美術館コレクションによる回顧展を開催されます。 本展では、山王美術館が所蔵するルノワール作品39点を一堂に公開。50年以上にもおよぶ画業の中で描いた主題は、肖像、家族、風景、花、静物、裸婦そして装飾画と多岐に渡りますが、同時代の女性像を生き生きと描いた印象派の時代から、晩年の豊潤な裸婦像にいたるまで、ルノワールの創作の一端を、その生涯とともに辿ります。

生誕180年 ルノワール展
開催日:2021年3月4日(木)〜7月31日(土)
休館日:月曜〜水曜(祝日開館)
開催時間:11:00〜17:00
※入場は閉館の30分前まで
開催場所・会場:山王美術館
大阪府大阪市浪速区湊町1-2-3 ホテルモントレ グラスミア大阪22F
入場料:一般 1,000円、大・高校生 500円
URL:https://www.hotelmonterey.co.jp/sannomuseum/exhibition.html

Open Studio 2021 Spring


今週末行きたいイベント8選 in 関西 3月13日(土)~3月21日(日)
普段入ることのできない、アーティストやクリエイターの制作スタジオを見学
Super Studio Kitakagayaは、アーティストやクリエイターがよりよいものを生み出していくために「つくりつづけることができる」環境を提供する制作スタジオ。「つくる場所」だけではなく、ユニークな空間でおこなわれる創造活動を、多くの方に見ていただけるイベントを開催しています。
Super Studio Kitakagayaにとって第2回目となる今回のオープンスタジオは、SSK入居者でキュレーションも手がけるアーティスト・笹原晃平のディレクションのもと、入居者のスタジオ見学ができる「STUDIO VISIT」、共有スペースを利用した企画展「OPEN PRACTICE」、オンライン配信による「TALK」、キュレーターとスタジオ内をめぐる非公開の「WALK」を行います。自らも入居者として、中から各入居者を観察してきた笹原が、自身による分類を手がかりに、12人のアーティスト・クリエイターを大きな美術史の流れの中で捉える試みです。

Open Studio 2021 Spring
開催日:2021年3月5日(金)〜2021年3月21日(日)※各週金土日のみ
開催時間:12:00〜18:00
開催場所・会場:Super Studio Kitakagaya
大阪市住之江区北加賀屋5-4-64
入場料:現地見学=無料、TALK=通しチケット500円 いずれも事前予約制
URL:https://ssk-chishima.info/event/openstudio202103/

最果タヒ展


今週末行きたいイベント8選 in 関西 3月13日(土)~3月21日(日)

最果タヒの詩を、空間全体で体感するインスタレーション
本展覧会では、 2019年2月に約1ヵ月間で30,000人以上が来場した、「氷になる直前の、氷点下の水は、蝶になる直前の、さなぎの中は、詩になる直前の、横浜美術館は。―― 最果タヒ 詩の展示」でのインスタレーションを含む新作の“詩の展示”を、新たなタイトル「最果タヒ展 われわれはこの距離を守るべく生まれた、夜のために在る6等星なのです。」のもとに公開します。デザインは、これまで最果タヒの書籍の装幀をはじめ様々な企画でタッグを組んできた佐々木俊氏が担当。それぞれの会場の空間に、最果タヒの言葉がどのように展開していくのか。特別な鑑賞体験をぜひお楽しみください。

最果タヒ展
開催日:2021年3月5日(金)~2021年3月21日(日)
開催時間:10:00〜20:00 ※入場は閉場の30分前まで
開催場所・会場:心斎橋パルコ
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目8-3
入場料:一般800円(小学生以下無料)
URL:https://art.parco.jp/eventhall/detail/?id=579

JTC テキスタイルの未来形 in 宝塚 2021


今週末行きたいイベント8選 in 関西 3月13日(土)~3月21日(日)
全国から集まった、約100点のテキスタイル作品を紹介
全国の大学などの教育機関でテキスタイル・染織を指導、研究する教員が制作した作品、約100点を展示します。多岐に渡る技法や表現のテキスタイルの世界を広く紹介。テキスタイルの魅力を直に感じてみてください。

JTC テキスタイルの未来形 in 宝塚 2021
開催日:2021年3月6日(土)~3月28日(日)
休館日:水曜日
開催時間: 10:00~18:00
開催場所・会場:宝塚市立文化芸術センター
2階メインギャラリー、1階キューブホール、1階サブギャラリー
兵庫県宝塚市武庫川町7番64号
入場料:入場無料
URL:https://takarazuka-arts-center.jp/wordpress/2021/02/22/20210306textile/

YU SORA 個展「普通の日」


今週末行きたいイベント8選 in 関西 3月13日(土)~3月21日(日)
真っ白な布と黒い糸で包み込む世界に魅了される、YU SORA(ユ・ソラ)の個展
韓国出身のアーティストYU SORA(ユ・ソラ)が近年取り組んでいる作品は、原寸大の家具や電化製品などを真っ白な布と黒い糸で包み込む世界。一見するとクールで非日常的な空間が広がっているように見えますが、その空間に足を踏み入れると、人の息遣いと温かさ、優しさのようなものを感じます。そこには確かな日常があり、「生」があります。真っ白な布に黒い糸。色が着いていないそれらは、観た人が色を着けた「普通の日」を入れる容れ物の役割を持っています。今回、A-Labでは立体作品だけでなく、布を支持体にした平面作品、木彫作品、そして尼崎の風景のドローイングなどが展開されますよ。

YU SORA 個展「普通の日」

開催日:2021年2月23日(火・祝)〜2021年3月31日(水)
休館日:火曜日
開催時間:平日11:00~19:00、土・日・祝10:00~18:00
開催場所・会場:あまらぶアートラボ「A-Lab」
兵庫県尼崎市西長洲町2丁目33-1
入場料:入場無料
URL:http://ama-a-lab.com

DAISAK Exhibition / 恐竜 & 原始人


今週末行きたいイベント8選 in 関西 3月13日(土)~3月21日(日)
恐竜と原始人をモチーフにした、セラミックアーティスト・DAISAKによる一癖も二癖もある展示
「地球上に存在するすべてのものを参考にして、 NEWOLDな陶器アイテムを作る」セラミックアーティスト・DAISAK(ダイサク)による個展。2歳になった恐竜好きの息子に影響され、恐竜と自身の憧れの原始人を添えて「恐竜&原始人」展が開催されます。個性的な世界観の陶器をぜひお楽しみください。

DAISAK Exhibition / 恐竜 & 原始人
開催日:2021年3月6日(土)〜2021年3月21日(日)
定休日:水曜日
開催時間:13:00〜19:00
開催場所・会場:NEW PURE +
大阪市中央区淡路町1-1-4
入場料:入場無料
URL:https://new-pure-plus.tumblr.com/upcoming

金井悠&今村能章「直訳できない器-対話-」


今週末行きたいイベント8選 in 関西 3月13日(土)~3月21日(日)
関西の同じ町で生まれ育った金井悠、今村能章の2人の陶芸作家による展覧会
VOU/棒では、金井悠、今村能章の2人の陶芸作家の展覧会を行います。工芸、クラフト、アート等という括りに収まらず、陶芸作品を制作している彼らにとっては、オブジェ(非実用性)であろうがカップ(実用性)であろうが、それらの形態は、表現上での手段でしかありません。今展のテーマは、ジャンルや形態によって記号化される物の境目を曖昧にした“直訳できない器”です。
関西の同じ町で生まれ育った金井と今村は、大学進学を機に京都、沖縄へと拠点を移しました。その後、2人とも表現を志し、偶然にも陶芸分野の中で技法やテーマが近い制作を行なってきました。幼少期の体験がその後の表現にどう接続してきたのか。そんな彼らの物と物のセッションにもご注目ください。

金井悠&今村能章「直訳できない器-対話-」
開催日:2021年3月6日(土)〜2021年3月14日(日)
定休日:水曜・木曜
開催時間:13:00〜19:00
開催場所・会場:VOU/棒
京都市下京区筋屋町137 3F
入場料:入場無料
URL:http://kougeinow.com/satellite/vou/

Ayami Tominaga Exhibition in酢橘堂

イベント

花瓶、食器、オブジェなど古物を中心に置いている京都のお店酢橘堂にて、以前haconiwaでもご紹介した京都在住の画家、冨永絢美さんの個展を開催。一筆、一筆大切に描かれた色たちが選ばれ、何層にも作り上げられた土台に集う心躍るコラージュ作品。段々と春に近づく3月にふさわしく色味豊かな絵をご紹介します。多数の原画のほか、ZINEやオリジナルのマグネットを展示販売。14日(日)夜からオンラインショップでも原画の販売を行っているので、気になる方はぜひ覗いてみてください。

Ayami Tominaga Exhibition in酢橘堂
開催日:2021年3月12日(金)〜3月29日(月)※会期中定休日あり
開催時間:13:00〜18:00
開催場所・酢橘堂
京都市左京区田中東春菜町 30-3 THE SITE E号
入場料:入場無料
URL:https://www.instagram.com/p/CL6lGHusnLh/?utm_source=ig_web_copy_link

気になるイベントは見つかりましたか?
お体に気をつけて良い週末をお過ごしください〜!

◆メインビジュアル
llustration & Design:岡口房雄(WEB,Instagram
グラフィックデザイナー。東京都在住のフリーランス。ロゴや展覧会が好き。
著書「わくわくロゴワーク」をBNN新社より刊行。

NEWS 最新記事

EXHIBITION

いまオススメの展示・イベント

//*---- ▼ ここからSNS ----*// WEAR_ロゴ OMIYAGE CLIP H A C O N I W R E T S