EXHIBITION いまオススメの展示・イベント

柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」開催中!時代とともに変化し続けた民藝運動の歩みをたどる

柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」開催中!時代とともに変化し続けた民藝運動の歩みをたどる

こんにちは。haconiwa編集部 さんどです。
本日ご紹介するのは、10月26日(火)〜2022年2月13日(日)に東京国立近代美術館で開催中の、柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」。「民藝」という言葉が生まれてから約100年、そして民藝運動の創始者である柳宗悦の没後60年という節目に企画された展覧会の様子をお届けします!

柳宗悦や河井寬次郎ら民藝運動メンバーが蒐集した品々など、総数450点の作品・資料から民藝の試みを振り返る

民藝の100年

「民藝(民衆的工芸)」という言葉は、1925年に柳宗悦、濱田庄司、河井寬次郎によってつくられました。

彼らが始めた「民藝運動」は、行き過ぎた近代化を反省し「日常の生活道具に潜む美を見出し、工芸を通して生活と社会を美的に変革しよう」と唱えたもの。それはただ美しいものを蒐集するだけの活動ではなく、新作民藝を自分たちで生産し流通させたり、農村地方の経済更生などの社会問題を提起したりと、とっても実践的で社会的な運動だったんです。

本展は、そんな民藝運動の具体的な活動に注目し、柳たちが蒐集した品々や同時代の出版物、映像、写真など、総点数450点を超える作品と資料から民藝の歩みを掘り下げていく展示です。

民藝の100年

民藝の100年

民藝運動は、市場で「下手物」(高級品の反対で、ごく普通の安物)を蒐集することから始まりました。柳たちは、暮らしや文化に根付いた「ありふれたもの」の中に美しさを見出したんですね。

民藝の100年

コレクションの中には、柳が惹かれたという朝鮮陶磁器の品々が多く並んでいます。このように木の棚に作品を並べるスタイルも朝鮮民族美術館から学んだものだそうで、家具を展示ケースに用いることで民藝ならではの生活感が演出されています。

民藝の100年

民藝の100年

民藝運動メンバーは、朝鮮や日本だけでなく西欧の品々にも関心をもっていたそう。濱田庄司が陶芸家バーナード・リーチとともにイギリスに渡った際に出会ったイギリス伝統の陶器・スリップウェアや、濱田と柳の買い付け旅行で目にした椅子文化などが紹介されています。

こうしてみると、民藝運動は意外にもグローバルな活動だったのかと驚きです。

民藝運動が掲げた三本柱「美術館」「出版」「流通」

民藝の100年

こちらは民藝樹と呼ばれる図で、民藝運動が掲げた三本柱「美術館」「出版」「流通」を表しています。

「美術館」の役割は民藝品の蒐集や展示を行う日本民藝館が、そして「出版」の役割は、次に登場する雑誌『工藝』や『月刊民藝』などの機関誌や書籍を発行した日本民藝協会が担っていました。

民藝の100年

1931年に創刊した雑誌『工藝』。
毎号異なる表紙が可愛いです!「雑誌そのものが“工藝的な作品”であるべき」という考えから、毎年装幀の仕様を変えていたそう。初年度は芹沢銈介が担当していました。

民藝の100年

『工藝』では、印刷では表現できない質感を伝えるために、本物の布や紙を貼り付けるという手法がよくとられていました。贅沢な付録ですね〜!その中には、今となっては貴重な資料もあるのだとか。

民藝の100年

今回の展示では、宗教哲学者としての側面に注目されがちな柳の創造的な仕事にもスポットが当たっています。柳は『工藝』の誌面構成や執筆、日本民藝館の展示設計、書籍のブックデザインなどを手がけており、優れたクリエイターでもありました。
朱入れされた原稿や展示室の設計スケッチ、絵画の表装案スケッチなどから、柳の仕事ぶりを見ることができますよ。

民藝の100年

民藝の100年

民藝樹の三本柱の3つ目「流通」を担ったのは、吉田璋也が開いた「たくみ工藝店」でした。たくみ工藝店は、鳥取を拠点に吉田が中心となり制作した新作民藝を販売するセレクトショップとしてオープン。生産から流通を一貫して行う試みだったんですね。

たくみ工藝店の人気商品だったという《ににぐりネクタイ》(鳥取民藝美術館蔵)は屑繭を紡いだ「ににぐり糸」でつくったネクタイで、色々な模様があってお洒落です。このほかにも、イカスミを使ったセピアインクや鳥取木工家具など、鳥取の風土や文化を生かして作られた新作民藝が展示されています。

民藝の100年

展示の中で一際目を引いたのが、全長13メートルを超える巨大な《日本民藝地図(現在之日本民藝)》(日本民藝館蔵)。全国の産地調査の総括として、柳が芹沢銈介と協働して制作しました。
和紙や竹細工、染色などの絵記号を使い各地の手仕事を地図にまとめています。産地の場所や作られているものが細かく書かれているので、近づいてじっくり見てみてくださいね。

特設ショップも必見!日本各地の民藝を扱う有名店がポップアップ・ストアを展開

民藝の100年

民藝の100年
写真2枚目右側は11月21日(日)まで展開していた「COCOROSTORE」の出店の様子

展覧会を楽しんだ後は、展覧会オリジナルグッズや民藝にまつわる品々が揃った特設ショップもお見逃しなく!

その土地に根付いた“ロングライフデザイン”を紹介するD&DEPARTMENTが出店しているほか、東京「諸国民藝 銀座たくみ」、鳥取「COCOROSTORE」、岡山「くらしのギャラリー本店」、神奈川「もやい工藝」の4店が2週間ごとに期間限定でポップアップ・ストアを展開しています。前半2店はすでに終了してしまいましたが、12月7日(火)〜19日(日)は「くらしのギャラリー本店」、1月12日(水)〜23日(日)は「もやい工藝」がやってきますので、気になる方は出店期間に合わせて足を運んでみてくださいね。

柳宗悦没後60年記念展「民藝の100年」
会期:2021年10月26日(火)~2022年2月13日(日)※会期中一部展示替えあり
開館時間:10:00~17:00(金・土曜日は20:00まで)※最終入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(ただし1月10日(月・祝)は開館)、年末年始(12月28日(火)~1月1日(土・祝))、1月11日(火)
開催場所・会場:東京国立近代美術館
東京都千代田区北の丸公園3-1
観覧料:一般1800円、大学生1200円、高校生700円 ※中学生以下、障害者手帳をお持ちの方とその付添者(1名)は無料
展覧会公式サイトURL:https://mingei100.jp

EXHIBITION

いまオススメの展示・イベント

//*---- ▼ ここからSNS ----*// WEAR_ロゴ OMIYAGE CLIP H A C O N I W R E T S