LIFE 暮らしを楽しむグッドな情報

ユニークでデザインも素敵!伝統の技と丁寧な手仕事が光る「筒井時正玩具花火製造所」の花火

ユニークでデザインも素敵!伝統の技と丁寧な手仕事が光る「筒井時正玩具花火製造所」の花火

こんにちは。haconiwaキュレーター、くろさわゆうこです。

新型コロナ感染症の影響で、今までとは全く異なる今年の夏。
「密」を避けなければならない新しいライフスタイルが求められている一方で、多くのイベントやライブなどは中止や延期となり、まだまだ厳しい状況が続いています。

夏の風物詩である花火大会もその一つ。全国的に開催が中止となりなんとも淋しいですが、まだ暑さ厳しい残暑の今からでもおうち花火をこれまで以上に楽しみませんか?

今回は、伝統の技と丁寧な手仕事で、現代のライフスタイルにも合う素敵な花火を手がける「筒井時正玩具花火製造所」の花火をご紹介しますね。




“守りながら磨く。” 先人の技と知恵を引き継ぎ、ひとつひとつを丁寧に「筒井時正現具花火製造所」

tsutsuitokimasa_fireworks
今回紹介する花火を手がけるのは、福岡県みやま市に製造所を構える「筒井時正玩具花火製造所」。その歴史は1929(昭和4)年に遡り、子ども向けの玩具花火をつくり続けて約90年となります。

今から約20年前の1999年、福岡県八女市にある国内唯一の線香花火製造所が廃業し、日本の線香花火づくりの技術が消えてしまうと思われた中、「筒井時正玩具花火製造所」3代目の筒井良太さんは製造技術の継承を願い、その八女市の製造所で修行の日々を送りました。
その後、その製造所の廃業とともに花火づくりに関わるすべてを引き継ぎ、現在に至ります。

tsutsuitokimasa_fireworks
このように線香花火に代表される卓越した技術をはじめ先人の知恵や歴史・文化も引き継ぎつつ、“伝統は革新の積み重ね”と捉え、ものづくりを磨き続きける筒井時正玩具花火製造所。

“守りながら磨く。”とWebサイトにもあるように、伝統の技を守りつつ、現代のライフルタイルにも合う玩具花火をひとつひとつ丁寧につくっています。

デザインも素敵!家族やお友達で楽しみたいオススメ花火

先人の技を引き継ぎつつ、線香花火をはじめ新しい花火を手がける筒井時正玩具花火製造所。
その中からオススメのものを紹介しますね。素敵なデザインにも注目ですよ!

線香花火 筒井時正

tsutsuitokimasa_fireworks
まず最初に紹介するのが、「線香花火 筒井時正」。社名と同じ名が入っていることからも、この製造所を代表するアイテムで、“新しい線香花火“として既にご存知の方も多いかも?



今では稀となった日本製の線香花火をより良いカタチで後世に伝えていきたいとの思いから生まれた、この新感覚な線香花火。

こちらの「線香花火 筒井時正」シリーズの1つ「花々」は、持ち手部分を花びらのようにつくり、それを束ねることで「花」を表現していて、まさに今までの線香花火の“カタチ”にはない、華やかさと美しさを併せ持っています。

tsutsuitokimasa_fireworks
その美しいデザインをはじめ、材料にもとことんこだわっている「線香花火 筒井時正」。
火薬には宮崎産の松煙を使用しており、切ってから30年以上寝かせたこの宮崎産の松の根っこには、花火づくりに不可欠な油分を豊富に含んでいるとのこと。


わずか100分の1グラムの増減で、燃え方が左右される繊細な線香花火。専用の道具を使い、ひとつひとつ丁寧に火薬を盛ってつくっています。

tsutsuitokimasa_fireworks
紙は福岡県八女産の手すき和紙を使用、火の勢いをスムーズに伝えてくれるとのことです。
また、その和紙をえんじゅ、くちなしなどの天然の草木で染色することで、淡くてやさしい彩りを添えています。

火の玉を受け止める“首“と言われる部分に最も注意を払いながら、職人の手によって一本一本丁寧につくられている「線香花火 筒井時正」。こうして熟練の技でつくられた線香花火は火の玉が落ちにくく、最後まで美しい火花を放ち続けるそうです。

「花々」は写真のように保存に適した桐箱入りで、40本の線香花火とハゼの実から抽出したロウでつくれらた和蝋燭と、九州の山桜を素材につくったロウソク立ても付いた、とっても豪華な一品。
その美しいデザインは、火を灯す前から楽しめますね。花火好きの方へのプレゼントにも最適!


tsutsuitokimasa_fireworks
こちらは同シリーズの「蕾(つぼみ)」。
夏だけではなく、一年中いつでも線香花火を楽しんでいただきたいとのことから「春夏秋冬」をイメージした色で染めました。全4色の各色2本入りで、日本的なやわらかい色合いがとっても素敵!

tsutsuitokimasa_fireworks
こちらは同シリーズの「花」。42本入りで、「花」と「蕾」を一緒にした線香花火とは思えない素敵なパッケージです。

線香花火も「熟成」によって使用した時の様子に変化があるようで、時を経た線香花火はどこかやわらかく、温かみのある火花を散らすとのこと。
「花々」と同じく桐箱入りで、湿気のない場所で保存すれば、一年を通して、また翌年のお楽しみとして、そのはかない美しさを味わうことができますね。

花富士

tsutsuitokimasa_fireworks
こちらは新商品の「花富士」。その名と見た目の通り、日本を代表する特別な山・富士山をモチーフに、地球の躍動を伝える瞬間を表したそう!
その姿は、激しく炎を吹き上げる活火山のようで、花火の終わりには煙もたなびきます。

tsutsuitokimasa_fireworks
浮世絵の「富嶽百景」を思わせるうような「花富士・青」と「花富士・赤」の2種類。1つでももちろん、2つ並べても楽しい新しいタイプの花火です。
花火としてはもちろん、インテリアとしても置きたくなる素敵デザインですね。

透花

tsutsuitokimasa_fireworks
こちらは「透花」。ネーミングもとっても素敵ですが、その名の通り着色された火薬が透けて見える花火で、火をつけると火薬の色と同系色の光を放ちます。

先ほどの「線香花火 筒井時正」のような伝統的な花火だけでなく、こんな新しい花火づくりも行っていますよ!

tsutsuitokimasa_fireworks
また、この商品に用いてる透明パイプは、綿・パルプなどの天然繊維素を原料とする「アセチ」でつくられているとのこと。二酸化炭素を増やさない事から、バイオマスプラスチックス(植物由来のプラスチック)といわれ、地球環境への配慮も試みています。

どうぶつはなび

tsutsuitokimasa_fireworks
古くから伝わる日本各地の郷土玩具には、動物の体型や動きの特徴を捉え、その様子を見事に表現したものが多くあります。この郷土玩具をテーマにつくられた「どうぶつはなび」シリーズは、親子で楽しむのにぴったりですね。


こちらは「動く龍花火」で、炎を吹きながら、体をくねらせて空に昇る龍を花火で表したそう。
どんな動きをするのか?実際の花火も見てみたくなりますね。


tsutsuitokimasa_fireworks
こちらは「吹き上げる 鯨花火」。鯨特有の豪快な潮吹きの様子を表現しました。

本物の郷土玩具のようなどこか懐かしい絵柄や色づかい。先ほどの「花富士」同様、雑貨としても飾りたくなる花火です!

えかきはなび

tsutsuitokimasa_fireworks
tsutsuitokimasa_fireworks
こちらの「えかきはなび」は、その名の通り好きな絵が自由に描け、自分だけのオリジナル花火をつくることができます。夏休みの工作にもぴったりで、お子さんと一緒に”ものづくり&思い出づくり”を楽しめるアイテムです。


贈って楽しい、もらってうれしい!この夏楽しみたいセット花火


線香花火や手持ち花火など、デザインも美しい「筒井時正現具花火製造所」のアイテム。

紹介したもの以外にも素敵な花火を組み合わせた「セット花火」がありますので、ご家族でお友達同士で、ひとときの夏を楽しむのにぴったりです。

tsutsuitokimasa_fireworks
こちらのセット花火は、「贈 -sou-」(手ぬぐい付き)。

先ほど紹介した火薬が透けて見える花火「透花」をはじめ、関西と関東の地域による個性の違いが楽しめる「東西の線香花火」など、デザインもおしゃれな玩具花火がセットになりました。
(ちなみに、西の線香花火・スボ手牡丹を国内でつくっているのは、この製造所だけだそうです!)

そして、手ぬぐい専門店「かまわぬ」とのコラボ企画で生まれた、オリジナルデザインの手ぬぐい付き!
夏を思い切り満喫させてくれるうれしい組み合わせは、まさにセット名の通り、大好きな方へ“贈りたくなる”ギフト花火ですね。

tsutsuitokimasa_fireworks
ちなみに、手拭いはブルーとネイビーの2種類のデザインから選べます。
よく見ると絵柄も商品となっている「東西の線香花火」で夏らしいデザイン。ブルーは東の線香花火・長手牡丹(上写真左)、ネイビーは西の線香花火・スボ手牡丹をあしらっております。

手ぬぐいだけの購入もできるので、気になった方はこちらもご覧くださいー。


tsutsuitokimasa_fireworks
こちらは、「想 -sou-」(手ぬぐいなし)。

手ぬぐいはなく、本数の違いはありますが、花火の種類は先ほどの「贈 -sou-」と同じです。
遠出がしにくい今だからこそ、同じ花火を贈り合い“オンライン”で一緒に楽しむのも、この夏ならではかも!


「筒井時正現具花火製造所」の花火、いかがでしたか?
“伝統と革新”を大切につくられたアイテムの数々から丁寧な手しごとの良さが感じられ、玩具花火とは思えない素敵なパッケージがさらにその魅力を伝えてくれていますね。
今までにない今年の夏だからこそ、素敵花火で楽しい夏の思い出づくりにも良いですね!


また、この製造所が中心となって、花火職人や研究者、デザイナーなど様々な角度から花火の製造開発や業界情報など、“花火についてのあれこれ”を発信するWebページ「玩具花火研究所」もあるので、ぜひご覧になってみてくださいね。

公式Webサイトの「商品」ページより内容をご覧いただきお買い求めできるので、気になった方はぜひチェックしてみてくださいーー。

筒井時正現具花火製造所 
https://tsutsuitokimasa.jp/

EXHIBITION

いまオススメの展示・イベント

//*---- ▼ ここからSNS ----*// WEAR_ロゴ OMIYAGE CLIP H A C O N I W R E T S