LIFE 暮らしを楽しむグッドな情報

週末読みたい本『世にも奇妙な博物館 未知と出会う55スポット』

週末読みたい本『世にも奇妙な博物館 未知と出会う55スポット』

こんにちは。haconiwa編集部 モリサワです。
今週は、日本全国にあるコアな博物館にフォーカスを当てた1冊『世にも奇妙な博物館 未知と出会う55スポット』をご紹介します。

北海道から沖縄まで55件の“ワンダーな博物館”を紹介するユニークな1冊。

2111_wonder_museums_01
北海道の歴史を語る上で欠かせないアイヌ文化を紹介する「平取町立二風谷アイヌ文化博物館」

現在、日本だけでも5700以上は存在するという博物館。中でも、「コア」で「魅力的」な博物館は、地方のいたるところに存在するのだそう。

本書は、6年間で750か所ほどの博物館を訪れたという博物館マニアで日本再発掘ブロガーの丹治俊樹さんが、半年かけて実際に訪れて取材をした55か所を掲載。目を惹くような写真と文章で紹介する、ユニークでマニアックな1冊です。

2111_wonder_museums_02
岐阜県にある、現存する日本最古の昆虫専門博物館「名和昆虫博物館」

「博物館」とひと口で言っても、文化を伝える場所や、情熱を持って集めたコレクションを展示している施設、定年後のセカンドライフとして誕生した博物館など…個人の博物館から世界文化遺産活動の拠点となっているような博物館までタイプはさまざま。

読んでいると、「えー、こんな博物館があるのか~!」という思わぬ発見に溢れていて、ちょっとした感動や興奮がだんだんと癖になってくる内容になっています。

昭和のレトロな世界など、さまざまな歴史に触れられる博物館。

2111_wonder_museums_03
こちらは兵庫県たつの市にある「昭和レトロ情景館」。
館長の加瀬康之さんは「定年後に自身が作成したジオラマを展示する施設を作ろう」と50歳頃から13年かけて制作し、昭和40年代の街並みと情景をジオラマで再現。

毎時30分になると、ジオラマ内の街頭や建物が幻想的な夕景に変化するのも必見です。昭和レトロなミニチュアの建物は外見だけではなく、中まで細かく作られていて、隅々まで見ようとすると一日では見切れないほどなのだそう~。

2111_wonder_museums_04

情景館の懐かしい雰囲気をリアルサイズで楽しみたい方はこちらもおすすめ!
館長の苦楽多さんが16年に渡ってコレクションされた、昭和レトロな品々が展示されている富山県の「氷見昭和館」。

なんと「似顔絵」を描く副業で得たお金を資金に、コツコツとコレクションを増やし、定年退職金で2011年4月29日の昭和の日にオープンさせた施設なのだそう。街中でみかけた懐かしい昭和レトロな数々のコレクションが見られるだけではなく、館長が似顔絵を描いてくれる(有料)コーナーも併設。絵を描いてもらうことで館長さんと交流もできたり、コレクションについて尋ねることもできちゃいます。

2111_wonder_museums_05
埼玉県「学校給食歴史館」

2111_wonder_museums_06
こちらは、2010年7月に埼玉県学校給食会の敷地内に開館した「学校給食歴史館」。
1889年の給食発祥時から、明治、大正、昭和、平成、現代にいたるまでの給食メニューをサンプルで展示した博物館です。

ご家族などさまざまな年代の人と一緒に足を運ぶことで、「この時代はこんなのが出ていたのか!」と話も弾みそう~!

2111_wonder_museums_07

兵庫県には、日本のみならず世界の貯金箱を2500点展示した「世界の貯金箱博物館」も。これだけおびただしい数の貯金箱が一同に並んでいると圧巻ですよね~。

こちらの博物館は、尼崎信用金庫が運営する企業博物館で、展示されている貯金箱は、信用金庫の職員さんが見つけたものやお得意先の方の家にあったもの、寄贈など、1970年ころから収集されてきたもの。中には、貯金に挫折しないようにスパナを使わなければ開けられないユニークなものもあるのだとか。

現在も展示物は随時入れ替えられているので、行く度に新しい発見もありそうですね~。

2111_wonder_museums_08

ここまでコレクションや生活、技術の進歩を展示する博物館を紹介してきましたが、中には忘れてはいけない“史実を未来に残す”博物館もあります。こちらは、鹿児島県にある「知覧特攻平和館」。

太平洋戦争で戦闘機などに爆弾を搭載し、搭乗員が敵艦船に突っ込む作戦が行われていた特攻部隊。館内には、その時の沖縄戦で陸軍の特攻作戦によって戦死した1036名の遺影が出撃順に並べられ、遺影にあわせてご家族などにあてられた遺書や手紙、遺品なども展示されています。

特攻隊の母と呼ばれた鳥濱トメさんや、“なでしこ隊”として特攻隊の世話係をしていた人たちの証言ビデオの鑑賞もできるそう。当時を知る方が少なくなってきている今、とても貴重な博物館ですね。

2111_wonder_museums_9

博物館はさまざまな知識や見解が広がる以外にも、現地で体験ができたり、館長とお話ができたりするのも大きな魅力だということが本書を読むとわかります。

今回ご紹介したのはほんの一部ですが、週末はこの本を持って実際に博物館へ足を運んでみるのもいいかもしれません。気になった方は手に取ってみてくださいね!

世にも奇妙な博物館 〜未知と出会う55スポット

発行元:みらいパブリッシング
ブックデザイン:洪十六
仕様:A5判/176ページ
定価:1,760円(税込)
ISBN:978-4-434-29086-2

EXHIBITION

いまオススメの展示・イベント

//*---- ▼ ここからSNS ----*// WEAR_ロゴ OMIYAGE CLIP H A C O N I W R E T S