LIFE 暮らしを楽しむグッドな情報

子供から大人まで楽しめる!地域に根ざしたクラフトビールのブルワリー&タップルーム「みぞのくち醸造所」

子供から大人まで楽しめる!地域に根ざしたクラフトビールのブルワリー&タップルーム「みぞのくち醸造所」

こんにちは、haconiwa編集部のシオリです。
またひとつ、気になる場所ができました!その名も「みぞのくち醸造所」です。

目指すのは、地域の生活圏に根ざしたマイクロブルワリー

みぞのくち醸造所
みぞのくち醸造所は、「地域に住む人やビールを飲んだ方々が集い、楽しくてあったかい時間を過ごしていただきたい」という思いからスタートした、クラフトビールのブルワリー&タップルーム。ボトルショップやマーケットも併設されているとのことで、なんだかワクワクしますよね!

場所は、溝の口駅からほど近いNTT溝の口ビルをリノベーションした複合施設「BOIL(ボイル)」1階。この街に暮らす人たちの好みや気風が反映された街のアイコンとなるビールを作り続けていき、地域の生活圏に根ざしたマイクロブルワリーを目指していくそうです。

ファーストブランドは醸造家の挑戦となる「ノクチビアーズ」

みぞのくち醸造所
ブルワリーとして最初のブランドは、地域の方々と一緒に育てていきたいという思いから、「ノクチビアーズ」と名付けられました。 IPA、ペールエール、ヘイジーIPAという王道の3スタイルが揃っています。

●ノクチビアーズ IPA

みぞのくち醸造所
(ノクチビアーズ IPA アルコール度数:6.0%、IBU:55、容量:330ml)

濃厚な麦のコクと大量のホップを効かせたIPA。苦味の中にシトラス、パイナップルなどの爽やかな香りが口と鼻を突き抜ける、ビール好きにこそおすすめの一杯。

●ノクチビアーズ Pale Ale

みぞのくち醸造所
(ノクチビアーズ Pale Ale アルコール度数:5.0%、IBU:30、容量:330ml)

繊細で優しい飲み口とキレのある味わいにこだわったペールエール。華やかな柑橘系のフレーバーとクリアなゴールデン色のビールは、誰でも気軽に飲めるような工夫がたっぷり詰め込まれています。

●ノクチビアーズ Hazy IPA

みぞのくち醸造所
(ノクチビアーズ Hazy IPA アルコール度数:4.5%、IBU:10、容量:330ml)

ホップ大爆発のフルーティーでクリーミーな味わいが特長。濁った見た目、まろやなか口当たり、そして突き抜けるパッションフルーツやバナナなどの芳醇な南国フルーツの香りが楽しめます。ビールが苦手な方にもおすすめ。

※どれもオープン価格

どれも美味しそうですよね!ノクチビアーズは、醸造家による挑戦のアイコン。お客様の表情や声を取り入れて常に改良を重ね、時には自社農園の果実を加えるなど、日々新しい挑戦を行っていくのだそう。「今日はどんなビールだろう」と、進化する味わいを楽しめるは嬉しいですね。

また、今秋リリースを目標に現在絶賛仕込み中なのが、フラッグシップビールとなる「ウタウト」と「ワラウト」も見逃せません。

●ウタウト
みぞのくち醸造所
みぞのくち醸造所にとって、フラッグシップのひとつとなるブランド。どんな味になるのかはまだ秘密。「ウタウト」の名のとおり口にしたとたん気分が良くなって、鼻唄を歌うようにみんなの会話が弾むビールになる予定だそうです。

●ワラウト
みぞのくち醸造所
もうひとつ、みぞのくち醸造所のフラッグシップとなる「ワラウト」。ひと口飲んだらだれもが思わず破顔してしまうような、その場にいる人全員と笑顔で乾杯してしまうような。そんなビールを目指し、トライアルアンドエラーで発酵中だそう。

こちらも発売が楽しみですね。

気になるボトルデザインの秘密は?

みぞのくち醸造所
そして、気になるのがボトルのデザイン!楽しげなイラストはイラストレーター のnorahiさん、デザインはデザイナーの野田久美子さんが手掛けているんです。

haconiwa creators の一員でもあるお二人に、今回のデザインのポイントをお伺いしてみました。


■デザイン:野田久美子さん
デザインの初期段階ではビールができあがっていなかったため、「このビールを飲む人や場が、楽しい雰囲気になって欲しい」と言うクライアントさんの願いと、ビールをゼロからみんなで作っていくというプロジェクトの特性をデザインに落とし込むことにしました。

普通ラベルシールだと四角の形状が多いですが、不定形の型抜き加工を施す事で「楽しさ」や「留まらず日々変化する様子」を表現したり、特色の色味の鮮やかさを最大限発揮できるよう、印刷会社さんにデータを何度も調整して頂きました。

■イラスト:norahiさん
実は、溝の口はよく行く街なのですが、区役所も大学も、呑み屋街もショッピングモールも、とにかくなんでも揃っていて、気楽に行ける便利な街です。

今回のイラストも、そんな賑やかな溝の口の街を思い浮かべて、イメージに合う明るい音楽を聴きながら(ビートルズのイエローサブマリンとか)のびのびと楽しく描かせてもらいました。


描いた人の顔はみんな明るく笑顔で、元気いっぱい。これから醸造所やクラフトビールを作り上げていく作り手の活気や和もイメージしています!

そんな思いが込められた素敵なデザインから、思わず手に取ってみたくなるみぞのくち醸造所のクラフトビール。味わいながら、その魅力的なデザインも堪能してみてはいかがでしょうか。

みぞのくち醸造所は、5月2日(月)にオープン!

みぞのくち醸造所
みぞのくち醸造所は、2022年5月2日(月)にオープンしたばかり。つくりたての新鮮なビールや醸造家が厳選した工場直送のクラフトビールだけでなく、子供も楽しめるクラフトジュースまで、最大13タップすべて香り豊かな樽生で提供されるそう!

地元の農家から仕入れた果物を使ったクラフトサイダーや、自家製コーラシロップを使ったクラフトコーラは味わう価値あり!ノンアルコール派も楽しめるのは嬉しいですよね。

みぞのくち醸造所
また、ビールに合うおつまみには、醸造工程で出た麦芽粕を活用して作った自家製パンで仕上げたホットドッグやホットサンド、ピザ職人特製のナポリビザ、8種の特製ディップソースが楽しめるフライドポテトやフィッシュアンドチップスなどが用意されています。

そんなこだわりのドリンクとフードを、醸造風景を眺めながら楽しめるなんて、贅沢な空間です!

みぞのくち醸造所

みぞのくち醸造所
さらに、瓶詰めされたばかりのビールをはじめ、醸造家が見つけてきたその時々で厳選した国内外約80種類のビールを販売するボトルショップ、全国の“地元で愛される”逸品をラインナップするマーケットなど、みどころ盛り沢山!

今後は、これまでの飲食事業で培ったリレーションを活かし、地元を中心とした全国の生産者、職人、飲食店の方々をつなぎコラボレーションやイベントなど様々な取り組みも計画しているそう。みなさんも、ぜひ遊びに行ってみてくださいね!

みぞのくち醸造所
住所:神奈川県高津区溝口3-2-5 BOIL 1階
電話:080-3722-0423
営業時間:11:00〜23:00
定休日:不定休
規模:27坪(醸造所:13坪、マルシェ:14坪)/ 26席
開業日:2022年5月2日(月)
WEB: https://mizonokuchibrewery.com/
Instagram:https://www.instagram.com/mizonokuchibrewery/

NEWS 最新記事

EXHIBITION

いまオススメの展示・イベント

//*---- ▼ ここからSNS ----*// WEAR_ロゴ OMIYAGE CLIP H A C O N I W R E T S