ninagawamika.jpg
2011年3月 今年の桜を撮りたかった
昨年の同じ時期に同じように桜の写真を夢中で撮っていた、編集長のKeinaです!
私も桜が大好きで、なにげに8年連続で「桜」をテーマに作品展をしていました。
今年も間に合えば何らかの形で作品展したいと思ってます。できるかな~
震災後に見た桜は今までで一番強くたくましく綺麗でした。
そんな春にぴったりの個展がスタートしています。
大好きな写真家、蜷川実花さんの展示会です。
ぜひ遊びに行ってみようと思います!
蜷川実花「桜」
開催期間:2012年3月20日(火・祝)~4月15日(日)
場所:ROPPONGI HILLS A/D GALLERY (六本木ヒルズ アート & デザイン ストア 内
時間:12:00~20:00
入場料:無料
お問い合わせ:03-6406-6875(ROPPONGI HILLS A/D GALLERY)
アート&デザインストア併設の「A/D Gallery」にて、蜷川実花の写真展を開催します。
蜷川実花は、2011年3月の一週間で、憑かれたように2500枚もの桜の写真を撮影しました。そして、2011年夏、それらの写真から選んだ86点を収めた作品集を刊行。今回の個展では、さらに21点に絞って展示します。
鮮やかに美しく咲き誇る日本の桜をぜひご覧ください。
蜷川実花さんコメント
今年の桜を撮りたかった。私が私であるために、自分で自分を支えるために。目の前の現実と向き合う準備、そしてほんの一瞬の気分的な逃避。映画や漫画のような非現実の世界が私達の日常に、その異常な日常に日々慣れていく自分。何かに取り憑(つ)かれたように撮影した。
■参照元